お台場旧車天国は、メチャクチャ熱かった!マニアにとっては堪らない一日でした

今日の旧車天国は、好天にも恵まれて最高でした。とにかくタイムスリップした様な気がしましたが、先ずは今日の旧車天国の中でも、本当に綺麗なハコスカを見つけ、たまたまオーナーにお話を聞く事が出来ました。はっきり言って綺麗すぎるGC10です。

 

 

話によりますとオーナーの占部さんは、福岡から奥さんと一緒に来たと言う事でした、今回での出展は2回目となるそうです、綺麗な赤がギャラリーにはかなりインパクトが強かったのか、多くの人が見入っていました。

 

 

エンジンはもとより、至る所にカスタマイズが見られ惚れ惚れします! こんなきれいなGC10はそう多くはないのでしょうか。近年の定番、ドライカーボンのフェンダーミラーも驚きです、またいつかお会いできることを楽しみにしています。

 

 

赤のブレンボと大径のローターが目を引きます

 

 

 

日本の名車中の名車TOYOTA2000GT、今の値段はとんでもない価格ですね。

 

 

 

DATSUNフェアレディSP310もかなり綺麗にしています、CARちゃんも欲しい一台です。

 

 

 

 

懐かしい、日本のレースを盛り上げてきたGCマシーン!もしかしたらトムスの関谷さんが乗っていたマシーンですか?

 

 

初代のRX-7も当時は日本のスーパーカーでした、ロータリーは当時速いというイメージが強かったです。RX-3、RX-7、FC、FDと歴代のロータリー独特なのカン高いエンジン音でレースでは暴れていました。

 

 

マツダ、コスモスポーツなど数々の名車を世に送り出していたマツダは、当時凄かったんです。

 

 

 

このあとからは、いろんな旧車が登場しますので、ゆっくりとご覧あれ!こちらはSR311もやはり手入れが行き届いていますね。

 

 

エンジンはもとより、旧車の弱点とみられるところにはキッチリと手を入れたいるのは旧車のオーナー達が、ツボを熟しているから今までも、今後の未来にも受け継がれて行くのでしょう、大事に乗って下さい。

 

 

ダルマのセリカは当時カッコよくて、かなりの人気がありました。とにかく当時の女子に「クルマ何に乗ってんの?」と言われセリカと言えば、デートはOK!を貰えたエピソードが数々残っています、今日来られた方の中にも、こう言う経験をお持ちの方が、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

 

セリカ軍団が当時にタイムスリップした瞬間ですね。、お台場を今すぐにでも流したいですね。

 

 

 

 

こんなところに、三菱の名車があるとは、三菱と言えば篠塚けんじろう氏が日本のラリー界をけん引してきた時代が脳裡を横切りますが日本もラリーが強かった時代もありましたありました。ニッサンのサファリラリーやトヨタ、三菱、スバルなど国際的なラリーに日本のメーカーは力を入れてました、今もですが。

 

 

やはりハコスカを大事に乗っている方、本当に多いですね手入れが行き届いています。

 

 

ピカピカのヘッドやSUキャブレター類が目を引きました。

 

 

 

昭和47年型のハコスカのようですが、45年くらい経ってもこんなに元気です、クルマも人間もメンテナンスをしていれば、まだまだ長生きできると言う事です。

 

 

ケンとメリーのスカイライン、あ~いのスカイラインが当時は音楽に乗って口ずさんだ時代を思い浮かべます、懐かしい!

 

 

 

510の人気も当時はさることながら、コーナリングのフィーリングがとても良くサーキットでは安心してコーナーを駆け抜けた様に記憶しています。

 

 

 

GC10のハコスカ、なんと居そうでいない定番の仕様とか言ってますが、それがまたいいんですよ。

 

 

 

 

 

ヨタハチですが本当に綺麗でした、なんかチョイ乗りで流したいですね。かなり注目されると思います。

 

 

日本はもとより、当時はアメリカでも人気が高かったれZですが、CARちゃんも街乗りとサーキット仕様を乗っていました、富士スピードウェイのストレートエンドでは、当時は直線番長と言われるくらいあったので、かなり速かったです。

 

 

 

310サニーのTS仕様は、かなり手が入っていると見受けましたがレースでは長年に渡り、若手の登竜門として腕を磨いた人達も少なくないのではないでしょうか。

 

 

Z432R仕様いいですね、サーキットの狼で池沢さとし先生の漫画に出てきてバトルをしそうな雰囲気です。

 

 

ここにもサーキットの狼がいました、ロータスヨーロッパと言えばサーキットの狼の代名詞で、当時はスーパーカーブームでかなりの子供たちが信号待ちをしていると、カメラ小僧として押し寄せはて来たものです、懐かしい!

 

 

 

かなりのカスタマイズで手を入れていますが、やっぱカッコイイです。と言いますか乗りたいし走りたいです。

 

 

フェラーリ288GTOですがフェラーリは走らなくとも絵になります、ぜんぜん旧車とは言えない程です。

 

 

 

 

今日の旧車天国情報は、まだまだ続きます。第二弾、第三弾も順次公開しますのお楽しみにCARちゃんの、お台場旧車天国のレポート第一弾でした



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です