2050年までに日本を含む世界で販売する日本車をすべて“電動車”に!

将来の自動車産業について、政府の会議がまとめる報告案が日本テレビの取材でわかった。2050年までに日本を含む世界で販売する日本車をすべて“電動車”にするとしている。(日本テレビ引用)

 

 

日本テレビが入手した案では、世界で販売する日本車について「1台あたり温室効果ガス8割程度の削減を目指す」としていて、2050年までの目標として、電気自動車やハイブリッド車など、すべて“電動車”にすることを想定している。

そのための取り組みとして、電動車の課題である充電時間を短くするため、急速充電に優れた電池の開発などを進めるとしている。また電池の再利用の仕組みを確立し、電動中古車の下取り価格を上げることが必要としている。

報告案は、自動車メーカーのトップらが参加する会議で午後とりまとめられる予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です