神奈川を拠点としているフェアレディZのオーナーズクラブは今もっとも熱い!宮ケ瀬ミーティング!

Zオーナーズクラブのミーティングは、やはりアメリカで人気がある車なので左ハンドルが多く見受けられるのはスーパーカーの証であるのは間違いないです。

 

 

240Zのこちらのオーナーは、左ハンドルと定番のソレックスということですが、やはりL型エンジンとソレックスのサウンドはいつ聞いても良いですね。



 

CP電子制御は、素人ではいじる事ができませんが、メカチューンは人間と同じで、いじればいじるほど気持ちが良く分かりコミュニケーションが取れるからいいんですよね。

 

 

かつてニッサンがサファリラリーで優勝したZのカラーリングですね、本当に懐かしいです。

 

 

往年のクルマ好きのドライバーの注目度は、かなり高いのではないでしょうか。

 

 

DATSUN260Zのエンブレムが光ってます!

 

 

こちらのS30なんとなくサーキットの狼に出てきそうな雰囲気が漂います。レーシングサービスワタナベのロゴに目が行くのは、むかしS30に乗っていた時にワタナベのホイールを履いていたCARちゃんだからでしょうか?

 

 

こちらのZのオーナーは、何と綺麗な女性でしたが、女子がZに乗るとカッコイイですね。なかなか今の若者はスーパーカーなどの良さが分からないのか、乗らないし、乗れないです。乗ってもミニバンや軽自動車、夢がないですね、ちょっと残念です。CARちゃんは小学生から車を運転していました、楽しくてしょうがなかったです、公道でないですが、今の時代ならアウトですね。

 

 

堪らないですね、ZGノーズ、もしかしたら今の時代の車よりCD値が下かもしれません。

 

 

古さを感じさせないスタイリング、逆に新鮮味があっていいですね。

 

 

高騰かしているスカイラインR34GTRと並んでいても、今の時代に何の違和感もないです、当時のデザイナーは本当に素晴らしかったと思います。

 

 

Z30,Z31,Z32,Z33,Z34のラインナップです。

 

 

こちらのZ33のオーナーは、かなりカスタマイズを施しているようです。

 

 

超カッコイイGTウイングが目を引きます。

 

 

Z31のこちらのオーナーは、なんやらちょい悪オヤジ風で、いろんなポーズで写真撮影を要求してきました。これがまたクルマ好きなオヤジの証です。

 

 

カスタマイズには、かなり拘りがあるみたいです、Z31アニバーサリー50周年記念車で左ハンドルですね。

 

 

カミナリのスポイラーにも、こだわりを持っていて自慢のエアロと言っていたのが印象的でした。

 

 

フェアレディZ、オーナーズクラブのステッカーが光っています。

 

 

ちょい悪オヤジ風でこちらのポーズをきめています、横浜から来たZ命のオーナー、決まってますよ!

 

 

今日のZオーナーズCLUBのミーティングはいかがでしたか、お気を付けてお帰りください。

 

 

Zを女性が乗っているとカッコイイです、これからも大事に乗って下さい。お気を付けて!

 

 

CARちゃん大好きハイウェイカーズ!チーム、クラブミーティングのレポートを今後もお伝えしますので、お楽しみに!






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です