Gr-AレースでR32GT-Rの敵はR32GT-Rしか居なかったレース!

ハコスカGC10から、長き時間を要して強いスカイラインGTRが帰ってきた!どれだけファンがまったのか、バブルの時代に戻ってきたGTRに信じられない観客動員数。

 

Gr-Aで、やはりスカイラインGTR(R32)ニッサンワークスで戦うドライバーは、星野一義、長谷見昌弘の二枚看板であった!海外でも成績を残し、乗りに乗っていたお二人のドライバーしかいないでしょう。

 

 

強すぎたR32GT-R、カルソニックスカイラインは星野一義、鈴木利男組、リーボックスカイラインは、長谷見昌弘、A.オロフソン組と敵なしの布陣で戦っていました。

 

 

後にプライベートのチームにもエンジン供給が出来る様になり、正にR32GT-Rの黄金時代に突入となるのです。

 

 

スポンサーもバブルと言う事で、いろんなメーカーが名を連ねました、これが良きバブルと言うものでした。

 

 

Gr-AのスカイラインGTRも、いろんなチームがありましたが懐かしいですね。

 

 

 

 

強すぎたGTRが自分で自分の首を絞めたと言われたR32GT-R伝説のR32GT-Rも最後のレースを迎えることになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です