HOME(SUPER GT 茂木 第8戦 最終戦 速報)

SUPER GT MOTEGI 最終戦 決勝が待ち遠しい!

SUPER GT、Race Day Report引用

最終戦もてぎの決勝日もDTMドライバーたちがデモランやサイン会でアピール!遂にやってまいりましたDTMと言えば、ドイツツーリングカーの代名詞

 

2017年のAUTOBACS SUPER GT最終戦「MOTEGI GT GRAND FINAL」の決勝日、11月12日もドイツツーリングカー選手権(DTM)のマシン3台と3人のドライバーが、ファンサービスに、デモランにと、ツインリンクもてぎで人気を呼んでいた。

 

 

予選日に続き、この日午前に行われたピットウォークにもDTMのマシン&ドライバーが参加。ピットロードに展示されたDTMマシン、No.77 Audi Sport Team Phoenix、No.31 BMW Team RBM、No.63 Mercedes-AMG DTM Team HWAの3台は昨日以上に詰めかけたファンに囲まれていた。GT500チャンピオンとしても知られるロイック・デュバル選手(Audi)はもちろん、アウグスト・ファルフス選手(BMW)、マロ・エンゲルス選手(Mercedes-AMG)にサインを求める列もかなり長くなっていたが、それでも3人は笑顔でファンと握手を続けていた。

 

 

 

 

デモ走行中盤からは、GT500車両のNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生)、No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン)、No.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀)の3台も加わってコーナー毎にポジションを入れ替える、Class Oneマシン6台による豪華なデモンストレーション“レース”が繰り広げられ、もてぎの各所を埋めた観衆から大きな声援が響いていた。

 

デモ走行中盤からは、GT500車両のNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生)、No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン)、No.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀)の3台も加わってコーナー毎にポジションを入れ替える、Class Oneマシン6台による豪華なデモンストレーション“レース”が繰り広げられ、もてぎの各所を埋めた観衆から大きな声援が響いていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です