オプション流マニアック旧車選び!「もっとクルマを楽しみたい」方のチューニング雑誌『OPTION(オプション) 2022年8月号』発売(6/24)

いまだに色褪せないその魅力、マニアックな旧車で差を付けろ!

株式会社三栄(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤秀伸)は、2022年6月24日より『OPTION(オプション) 2022年8月号』を発売いたします。

OPTION 2022年8月号
発売:2022年6月24日
体裁:本誌カラー128ページ、小冊子付録カラー32ページ
特別定価:1,100円(特別本体価格:1,000円)
https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=12394(三栄公式ウェブ)

いまだに根強い人気を誇っている1980年代の国産スポーティカー。ノーマルで乗るもよし、チューニングを楽しむのもよし。今月号のオプションでは、そんな旧車をマニアックな視点から紹介する。

今回の特集は、新旧スカイラインの比較試乗からスタート。温故知新ならぬ温新知故(!?)とばかりに、インパル代表の星野一樹氏を交え、同社のコンプリートカー537S(V37スカイライン)とエスコートのRSターボ(DR30スカイライン)を箱根ターンパイクで乗り比べ。現行車を通して旧車の魅力を紐解いていく。

続いて、マニアックな旧車の中でも別格の扱いとされる競技系限定モデルを紹介。1980年代末から90年代前半にかけて大人気だった全日本ツーリングカー選手権(JTC)に参戦すべく、グループAホモロゲモデルとして登場したスカイラインGTS-Rやスープラ3.0GTターボA、グループBマシンとして世界を相手にWRCを戦った240RSやセリカGT-TSなどを取り上げる。

また、人物にスポットを当てたマニアック旧車乗りの生態もフォーカス。アルシオーネSVXで筑波タイムアタックを続ける若きオーナー、三菱車に惚れ込んで自らエンジンチューンを手掛けるようになってしまったプライベーターなど、愛車の紹介と共にその人物像にも迫る。

さらに、リヤリジッド車に乗ろう!! という企画ではKP61、AE86カローラレビン、B310サニー、SA22CサバンナRX-7、PF60ジェミニなど、定番ライトウエイトスポーツカーをフィーチャー。ひと言でリジッド式サスペンションといっても、車種によって構造は様々。それらの違いを解説しながら、走りの楽しさを深掘りする。

その他、旧車に現代のパーツや技術を投入したレストモッドの世界や、4A-Gと決別した次世代型ハチロクなども紹介。また、特集内ではドアミラーや50/55扁平タイヤ解禁にまつわるコラム、世界初&日本初をうたった先進装備の解説、1980年代車の内外装デザイン考察など読み物も充実だ。

一方、小冊子付録は『追加メーター徹底攻略』がテーマ。愛車のコンディションをリアルタイムにチェックしてトラブルを未然に防ぐため、チューニングカーに欠かせないのが追加メーター。伝統のアナログ式から、スマートに装着できる人気のオールインワン式まで網羅する。

内容は、機械式や電気式といった追加メーターの基本解説から、今や主力になりつつあるOBDⅡポート接続型のメーター紹介、各メーカーの最新モデルカタログ、さらにはメーター装着方法実例集まで、読んで納得の情報が満載だ。

OPTION 8月号は例月より2日早い6月24日発売。
本誌カラー128ページ、小冊子付録カラー32ページで、特別定価1100円(税込)。
https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=12394(三栄公式ウェブ)

■株式会社三栄について
三栄は70年以上の歴史の中で自動車、レース関連の雑誌を中心に刊行を続け、その活動のなかで蓄えられた様々なリソースや業界内外との多様なネットワーク、専門性の高い知識とアーカイブを武器に、スポーツ、ファッション、アウトドアなど様々なジャンルに裾野を広げてきました。雑誌やイベント等を通じて、ブランド力を高め、ウェブや映像でもコンテンツを大きく展開しています。

代表取締役:伊藤秀伸
創業:昭和22年10月
設立:昭和27年9月17日
資本金:9,800万円
従業員:141名

〒163-1126
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー26F

三栄公式ウェブ:https://san-ei-corp.co.jp/

2022年6月24日
株式会社三栄



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。