トライアンフから「SPEED TWIN BREITLING LIMITED EDITION展示」のお知らせ

「SPEED TWIN BREITLING LIMITED EDITION」をBREITLING BOUTIQUE表参道にて期間限定展示のお知らせ

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(本社:東京都港区海岸 代表取締役社長:大貫陽介)は、ブライトリング ブティック 表参道にて6月6日から6月13日までの一週間、SPEED TWIN BREITLING LIMITED EDITIONを特別に展示することをお伝えいたします。
※本製品は完売しておりますので、販売店へのお問い合わせはご遠慮ください。

トライアンフ SPEED TWIN BREITLING 限定モデル

美の技巧
・1951年のトライアンフ Thunderbirdのオリジナルカラーに合わせたユニークなポリクロマティックブルーを取り入れた、スタイリッシュで個性的なBreitlingエディションの塗装です。
・ハンドペイントによるコーチラインのディテール
・独自のプレミアム機能と以下の仕上げを含む:
– 時計のデザインからインスピレーションを得た特注のインストルメントフェイス
– ステッチ入りのブラックレザーパンチングシート
– ブランドビレット加工エンジン

特別仕様
・Speed Twin Breitlingにのみ採用された、グロスブラック・スプリング付きのオーリンズ製ピギーバック ツインサスペンションのハイスペック仕様。
・最新世代のSpeed Twinは、パワーアップと高性能化、ブレーキ、サスペンション、タイヤのハイスペック化、テクノロジーの強化、そしてさらに美しいスタイルとディテールなど、あらゆるアップグレードが行われています。

限定仕様
・世界限定270台のBreitling エディションモーターサイクル
・ハンドルバークランプにシリアルナンバーを刻印し、1台1台完全に個性的なバイクを実現
・トライアンフCEOニック・ブロアーとブライトリングCEOジョージ・カーンのサイン入り鑑定書。
・Breitling Top Timeトライアンフ限定版クロノグラフを購入するチャンスです。

ユニークで美しいポリクロマティックブルーの配色
Breitling Speed Twin エディション クロノメーターのブルーとブラックのフェイスを引き立てる、美しいポリクロマティックブルーの配色は、1953年のバイカーを象徴する映画「The Wild One」でマーロン・ブランドがトライアンフを駆り、不滅の存在となった伝説の青いトライアンフThunderbird 6Tからインスピレーションを得たものです。[ハンドペイントのコーチライン] ハンドペイントのコーチライン1950年代のトライアンフ純正ペイントサンプルブックと、ミントコンディションのオリジナルThunderbirdペイントオプションのカラーチップは分光器を使ってカラーマッチングしました。ポリクロマティックブルーはカスタムミックスカラーで、手作業でマスキングされ、マッチした漆黒のストライプとBreitlingの文字が描かれています。このユニークな限定モデルは、トライアンフペイントチームアーティストのゲイリー・デバインによるハンドペイントのディテールに、ジェットブラックのサイドパネルとヘッドランプボウルがあることにより完成します。

プレミアム仕様
この特別仕様車では、オーリンズ製ピギーバック・ツイン・サスペンション・ユニット(グロスブラック・スプリング付)、最新世代のSpeed Twinのアップグレード、パワーアップ、高性能ブレーキ、サスペンション、タイヤ、技術の向上、美しいディテールなど、より高性能な仕様となっています。

ユニークなエンジンディテール
Breitling限定モデルのSpeed Twinには、ビレット加工されたアルミニウムのクラッチとオルタネーターのエンベリッシャーが、繊細なダークアルマイト仕上げで施されているのが特徴です。Breitlingのエディションモデルのために特別に作られた、精巧に削り出されたBreitlingのブランドロゴが、さらに個性を際立たせています。[ダークアルマイト仕上げ] ダークアルマイト仕上げ

専用プレミアムレザーシートを採用
パンチング加工されたブラックレザーのシートにはコントラストカラーのステッチが施され、Breitlingエディションのウォッチストラップを引き立てています。ピロー・リブのディテールとブラックのシングルステッチのディテールには、Breitlingの”B”のブランドロゴがエレガントに刺繍されています。

ブライトリングSpeed Twin特別仕様のインストルメントフェイ
Breitlingとのパートナーシップにより開発されたこの限定モデルは、Breitling Top Timeトライアンフ・ウォッチの文字盤からヒントを得た、美しくユニークなインストルメントフェイスを搭載しています。

世界270台限定
世界270台限定のBreitling版 Speed Twinは、ハンドルバークランプに個別のシリアルナンバーが入った完全な一点ものであり、トライアンフモーターサイクルのCEOニック・ブロアーとBreitlingのCEOジョージ・カーンがサインした世界に一台だけの証明書が付いています。限定270台という数は、高い評価を得ているSpeed Twinの270度パラレルツインエンジンを記念したものです。

———————————————–
BREITLING TOP TIMEトライアンフ クロノグラフ
美装

・目を引くアイスブルーのダイヤルは、Speed Twinのポリクロマティックブルーと、1970年代に製造されたBreitling Top Timeの貴重なブルーダイヤルの両方を参考にしています。

特別仕様
・時間の読み取り、時間計測、速度の追跡が可能な高精度クロノグラフです。ムーブメントは、優れた精度の証であるCOSC認定クロノメーターを搭載しています。

個別仕様
・Top Timeトライアンフ・クロノグラフの2つのバージョンがリリースされ、1つはSpeed Twin Breitling限定版のオーナーのために用意され、バイクのエディションナンバーに合わせた個別のナンバーが刻まれています。

スタイリッシュなデザインのディテール
1960年代半ば、ウィリー・ブライトリングはモーターレースやカフェ・レーサー文化に触発され、全く新しいタイプのタイムキーパーを開発し、当時のスピード感溢れるスタイルを表現しようとしました。その結果生まれたのが「Breitling Top Time」です。型破りなクロノグラフは、瞬く間に男性も女性もその大胆なプロポーションで魅了し、スポーツシーンで活躍する人々に選ばれる時計となりました。

今日、その精神はSpeed Twin Breitling限定モデルを購入された方々のために特別に用意された、2種類のTop Time トライアンフ・クロノグラフで蘇ります。コアコレクション・バージョンは、オパルセントの縦型サテン仕上げの文字盤が特徴です。オーナー限定バージョンは、サンレイ仕上げの輝きのある文字盤を採用しています。2022年8月22日までにトライアンフに時計を注文したSpeed Twinオーナーは、自分のバイクのナンバーを刻印したオーダーメイドの時計を手に入れる特別な機会が得られます。

この2つのモデルの見どころは、文字盤のアイスブルーです。このユニークな色は、1951年に発表されたポリクロマティック・ブルーのトライアンフThunderbird 6Tと、1970年代に製造された希少なブルーダイヤルのBreitling Top Time Ref. 815を参考にしています。

レースをテーマとした落ち着いた色合いのカーフスキンストラップは、ヒーローの文字盤を輝かせます。12時位置と6時位置には、Breitlingとトライアンフのロゴがさりげなく配されています。特大サイズのマッシュルームプッシャーにより、クロノグラフのストップ・スタートとリセット機能を簡単に操作することができ、ハイコントラストなタキメータースケールにより、速度の読み取りが明確になります。この時計には、COSC認定クロノメーターであるthe Breitling Caliber 23が搭載され、約48時間のパワーリザーブ(最大の駆動時間)を備えています。

もうひとつ、コレクターにはたまらない特徴があります。この時計のケースバックには、トライアンフを象徴するパラレルツインエンジンの詳細なデザインスケッチが刻まれています。このスケッチは非常に意図的な配置にあります。このスケッチは、モーターサイクルのディテールが何層にも重なっていることを表しており、その一部は、オリジナルのモーターサイクルを所有し、深い知識を持つ人でなければ分からないものです。

——- END ——

トライアンフについて
・1902年に設立されたトライアンフ モーターサイクルズは、オートバイ製造を開始して2022年で120年周年を迎えました。トライアンフモーターサイクルズは30年以上にわたり、レスターシャー州ヒンクレーに拠点を置き、本物のデザインと個性、カリスマ性、パフォーマンスが完璧に調和した象徴的なバイクを生産し続けています。

・トライアンフは英国最大のオートバイメーカーで、2021年度の生産台数は75,000台*以上、世界に約700のディーラーを展開しています(*自社調べ)。

・この集中力と技術革新、そしてエンジニアリングにかける情熱をもって、魅力的な新型Speed Triple 1200 RRやTiger Sport 660、素晴らしいTiger 900、世界をリードするRocket 3 Rと GT、ハイパフォーマンスが特徴のStreet Triple RS、象徴的なScrambler 1200、大陸横断用のTiger 1200、2021年にアップデートされた伝説的なTriumph Bonnevilleファミリー(Bonneville Bobber、Thruxton RS、Street Twin、Street Scrambler、象徴的なBonneville T120とT100)から、エキサイティングで乗りやすいトライアンフ モーターサイクルズのA2シリーズ*まで、あらゆるライダーのニーズを満たす幅広い種類のバイクを生み出しています(*国内では未展開)。

・トライアンフは現在、世界中で約2,000人の従業員を抱え、英国、北米、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、日本、スウェーデン(スカンジナビア)、ベネルクス、ブラジル、インド、中国、タイで系列企業を経営するとともに、独立販売代理店のネットワークを有しています。また、レスターシャー州ヒンクレーおよびタイに製造工場、ブラジルとインドにCKD工場を持っています。

・Triumph Bonnevilleは、トライアンフが米国ユタ州ボンネビル・ソルトフラッツで1956年に速度記録を達成したことを祝って名付けられたことで有名ですが、元々はイギリスのスーパーバイクでした。あっという間に数々のレースで優勝するオートバイになり、その伝説的なハンドリング、スタイル、個性により、過去の有名なモーターサイクリストたちに選ばれてきました。2021年向けにアップデートされ、パフォーマンス、機能、スタイルがさらに向上したTriumph Bonnevilleですが、新たなBonnevilleファミリーを今日正真正銘のモダンクラシックバイクたるものにしているのが、ライダー志向の技術と組み合わさったまさにそのハンドリング、個性、象徴的な外観なのです。

・トライアンフは、モーターサイクルスポーツのほとんどすべてのクラスと分野に参戦し、数々の勝利を獲得するという輝かしいレースの歴史を有しています。1908年の第2回マン島TTレースで優勝を飾り、1960年代にはヨーロッパやアメリカで開催されたロードレースやトラックレースで勝利を独占し、最近のレースとしては、トライアンフの675cc 3気筒エンジンによる2014年のデイトナ200で勝利、2014年マン島スーパースポーツTTで勝利、2014年と2015年のイギリススーパースポーツで複数のタイトル獲得とワールドスーパースポーツレーシングで勝利し、そして2019年には、ピーター・ヒックマンが乗車したマン島スーパースポーツTTでの優勝など、現代のレースでの活躍にまで至っています。

・2019年シーズンの開幕以降、FIM Moto2™世界選手権への独占的エンジンサプライヤーとして、トライアンフのレーシング伝説は今なお続いています。トライアンフ モーターサイクルズは出場全チームにレース専用チューンを施した765cc 3気筒エンジンを供給しており、このエンジンはクラスをリードするStreet Triple RSエンジンをベースにしています。初年度にはこのクラスを再定義しながら、Moto2™  マシン初の300kmhオーバーの最高速度達成を含め、次々と記録を塗り替え、2020年シーズンは記録更新がさらに高速化され、15回のレースから、前代未聞の11個のラップレコードと7人の異なる優勝者が生まれました。

・トライアンフのレース活動はさらに強化され、2021年にはブリティッシュスーパーバイクのパドックに戻り、ファクトリーサポートのレースチーム、ダイナボルト・トライアンフとしてブリティッシュスーパースポーツ選手権に参戦しました。

・2021年、トライアンフはモトクロスとエンデューロの両方のシリーズで最高峰の選手権レースに取り組むことを約束し、モトクロスとエンデューロの世界への参入と新しいファクトリーレースの取り組みを発表しました。

お客様お問合せ先
トライアンフコール
:TEL 03-6809-5233
トライアンフ WEBSITEhttp://www.triumphmotorcycles.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。