ドリフトキング・土屋 圭市さんのドリフトを助手席で体験できる!野村 周平主演、映画『アライブフーン』が4月11日より GREEN FUNDINGでクラウドファンディングスタート!

〜「ドリキン土屋」といえばこの車、トヨタ「86」助手席に同乗し世界最高峰のドリフトを体感できるスペシャルリターンは必見!〜

2022年6月公開予定の映画『アライブフーン』クラウドファンディングプロジェクトが、CCCグループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」(運営会社:株式会社ワンモア 代表取締役CEO:沼田 健彦)にて、2022年4月11日11時よりスタートします。

今回のクラウドファンディングでは、ドリフト競技を日本発祥のモータースポーツとして世界に広め、本作品では監修・また本人役での出演をつとめる『ドリフトキング』土屋 圭市氏の協力のもと、土屋氏運転のトヨタ「86」の助手席に同乗し、最も近くで世界最高峰のドリフトを体験できるスペシャルリターンを超限定数でご用意。ドリフトマニアのみならず、モータースポーツファン必見のプロジェクトとなっています。
他にも映画鑑賞券や舞台挨拶へのご招待など映画作品ならではのリターンはもちろん、ロケ地・福島県の名産品セット、本作品の主人公・天才ゲーマー 大羽 紘一(野村 周平)から連想を得たe-sportsグッズに特化したプランまで計11種類の支援プランがございます。

今回のクラウドファンディングの目的

本作品は、当初の公開規模を大幅に超えたスクリーン数、さらに、世界配給に向けて最終段階の交渉が進んでおり、当初の配給広告費では追いつかないほどのスケールでの上映が予定されています。
予算が限られている中でも、下山 天監督が映画学校や映画祭で長年関係を育んできた福島県でオールロケを敢行した。福島創生ムービーである本作を【フクシマから世界へ向けて】発信する良い機会として、福島で完成披露上映イベントを実現したいという強い思いから、監督自らプロジェクト起案者となりクラウドファディングを実施する運びとなりました。
本プロジェクトの支援金額は福島県での完成披露上映イベント開催等の必要経費を差し引いた金額を2011年東日本大震災・2022年3月16日福島県沖地震の復興支援に寄付いたします。(明細は後日開示予定です)

プロジェクトページ:https://greenfunding.jp/lab/projects/5870/
※支援プラン一覧は本プレスリリース別紙「映画『アライブフーン』クラウドファンディング 支援プラン&リターン品リスト」を参照ください

映画「アライブフーン」について
日本発祥の唯一のモータースポーツ<ドリフト競技>と、世界中の自動車ファン・ゲームファンを魅了し続けるドライビングゲーム<グランツーリスモ>を題材とした、<リアル>と<バーチャル>が融合した全く新しいエンタテインメント作品です。
日本が世界に誇るドリフトキング・土屋 圭市さん監修の下、世界トップのドリフトチーム、D1グランプリのチャンピオンたちの実走出演でリアルを追求。際どいドライブシーンを、カメラ20台を駆使し、ミリ単位で調整したカメラアングル、臨場感を追い求めて作成されました。
作品はドリフトの聖地であるエビスサーキットがあり、また下山監督が10年以上関わって来た福島県でオールロケを敢行。「本作が福島の明るい未来の一助となりますように」というメッセージもこの映画の中に込められています。

映画情報
映画『ALIVE HOON(アライブフーン)』https://alivehoon.com/
2022年6月10日(金)全国公開/
『ドリフトキング』土屋 圭市監修、野村 周平主演の究極体感ドリフトエンターテインメント
◆出演:野村 周平、吉川 愛、青柳 翔、福山 翔大、本田 博太郎、陣内 孝則 ほか
◆監督・編集:下山 天 ◆監修:土屋 圭市 ◆脚本:作道 雄・高明 ◆音楽:吉川 清之
◆主題歌:「Hunter or Prey」NOISEMAKER

<リターン品の一部をご紹介>
・土屋圭市 グローブ

・アディクション ラジコン用クリアーボディ(リターン品はクリアボディとなります)

・福島の米で造った人気焼酎・ねっか

・MAX☆ORIDO RIDOX 80スープラ1/43サイズミニカ

・ロジクールG923レーシングハンドル&ペダル

■GREEN FUNDINGとは
CCCグループの株式会社ワンモアが運営するクラウドファンディングサイト。 『未来の企画(商品・クリエイター)が集まる「デジタル上の見本市」』をテーマに、全国の「蔦屋書店」「二子玉川 蔦屋家電」「TSUTAYA」などの店舗と連携し、ガジェット・雑貨・映画・出版・音楽など様々なジャンルのプロジェクトを掲載。
これまでに3,400を超えるプロジェクトが起案され、総計100億円以上の資金調達をサポートしています。

※クラウドファンディングの起案に関する問い合わせ先:https://greenfunding.jp/portals/contact

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社ワンモア 広報担当:佐川
m.sagawa@onemore.co.jp



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。