「MC20 フォーリセリエ エディション フォー デイビッド・ベッカム」誕生秘話に迫る“Journey of DB’s MC20” 12月19日公開!

マセラティのブランドアンバサダー デイビット・ベッカムが、マセラティ チェントロ スティーレ(デザインセンター)とともにデザインを手掛けた、「MC20フォーリセリエ エディション フォー デイビッド・ベッカム(MC20 Fuoriserie Edition for David Beckham)」誕生秘話に迫るビハインドザシーン「Journey of DB’s MC20」を12月19日(日)、マセラティのソーシャルメディアで世界同時公開いたします。

日本ではこの世界同時公開に先駆けて、12月16日(木)動画キュレーションサイト “Af” にてエクスクルーシブにて先行公開予定です。(www.afaf.co.jp)
デイビッド・ベッカムが、このモデルの製作に向かう情熱や、真剣な姿がご覧いただけますので、お見逃しなく。
また、MASEARATI公式YouTubeにて、マイアミの魔法のような夜とピンクの美しい夕日の中を、「MC20フォーリセリエ エディション フォーデイビッド・ベッカム(MC20 Fuoriserie Edition for David Beckham)」が駆け抜けるイメージMOVIEも公開中です。是非ご覧ください。

Maserati S.p.A.
マセラティは、並外れた個性で全車種において一目で認識される唯一無二の車を生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、高度な要求をする目の肥えた人々を魅了し、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。現在のラインアップは、旗艦車のクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、そしてマセラティ初のSUVレヴァンテであり、すべてのモデルに最高品質素材の使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。ギブリとレヴァンテには、トライデントブランド初の電気自動車であるハイブリッドバージョンも用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載し、後輪駆動と4輪駆動を備える充実したラインアップとなっています。パワフルな580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成されるトロフェオコレクションは、性能面においてトライデントブランドのDNAをさらに体現しています。最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティ製品は3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルグリアスコ(トリノ)にあるアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。MC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です