レッドブル・トロロッソ・ホンダ F1チームと日本のRDSがスポンサー契約

レッドブル・トロロッソ・ホンダ F1チームと日本のRDSがスポンサー契約

技術の力・可能性を新しい未来へ!6月20日(水)フランスGPから「RDS」のロゴを表示

株式会社RDS(東京都渋谷区 代表:杉原行里 /スギハラアンリ 以下、RDS)は、F1チームRed Bull Toro Rosso Honda(レッドブル・トロロッソ・ホンダ)と、スポンサー契約を締結しました。2019年6月21日(金)に開催される2019 FIA※フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)第8戦 フランスGP、フリー走行第一セッションより、オフィシャルパートナーとしてRDSのロゴがF1マシンSTR14に表示されます。

※Fédération Internationale de l’Automobile(国際自動車連盟)の略称

 

 

株式会社RDSは、オリジナリティー溢れる『アイデア力』『デザイン力』『技術力』を強みに、新しいモノ作りのカタチを世界に発信する研究開発型の企業です。これまでモータースポーツ、医療・福祉、最先端ロボットの開発など、多数の製品開発に携わってきました。また、常識にとらわれないデザイン力を始め、設計、解析からCFRP成形、3Dプリント、精密機械加工までを一貫して行う強みを活かし、自社ブランドの商品開発にも力を入れています。

F1は、モータースポーツの最高峰であるとともに、自動車業界における最先端研究開発の場でもあり、そこで生み出された技術は、様々な形で現代に落とし込まれ、私たちの知らぬ間に乗用車や街づくりのインフラなど身近なものに活かされています。この、新しい未来を切り開いていく技術は、RDSのコンセプトに掲げる「今日の理想を、未来の普通に。」と深く通ずる部分があり、未来をつくる研究・技術開発ファクトリーとして、Red Bull Toro Rosso Honda F1チームとスポンサー契約を結ぶ運びとなりました。



 

■株式会社RDS 代表取締役社長 杉原行里 コメント

今回、Red Bull Toro Rosso Honda F1チームのスポンサー契約を結び、F1という最高峰の舞台で新たなチャレンジがスタートすることを非常にワクワクしています。 幼い頃から強く憧れていたF1に関われる事は、僕にとって、そしてRDSのスタッフ皆にとって、大きな喜びです。RDSはまだまだ多くの方々に知られていない小さな企業です。けれど多くの人々の役に立つという大きな夢があります。今回の契約は僕らにとって新たな一歩の始まりです。F1の最新技術が一般社会に役立っている様に、自分たちが持っている技術と多くの人々の想いで協業し、新たなプロダクトを生み出していきたい、そして少しでも一歩先の未来を照らす選択肢になれる様、頑張って行きたいと思います。

 

■ロゴの表示
・フロントウィング
・ガレージ
・メディアウォール
・プレスペーパー
・ウェブサイト

■株式会社RDSについて
会社名    株式会社RDS
URL     http://www.rds-design.jp/
設立       1984年 3月
代表者    代表取締役社長 杉原行里  / ANRI SUGIHARA
所在地    東京デザインオフィス 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-8-6
埼玉スタジオ 〒369-1211 埼玉県大里郡寄居町赤浜1860

自動車の先行開発や、モータスポーツ分野にはじまり、最新型ロボット、医療福祉機器まで、豊富な実績に裏付けされた一歩先を行くデザイン。製品の性能向上・改善を実現し、設計の最適化を構築する構造解析。パラリンピアンなどのギア開発を行う上で、今まで感覚的だった動きをデータとして可視化し、分析・蓄積するモーションキャプチャーや独自センシング技術。オートクレーブ成形によるCFRP成形。FDM機・粉末造型機・金属造型機などの最新3Dプリント、最新の5軸加工機による緻密な加工技術。この企画からデザイン、製作まですべての工程を高いレベルでかつインハウスで実現できる総合力こそがRDSの最大の強み。

近年では、グッドデザイン金賞を受賞した世界最軽量の『ドライカーボン松葉杖』や、車いすの概念を変える未来型車モビリティー『WF-01』などプロダクト開発を行うとともに、ソチでは、パラアスリートへ技術開発提供で6個のメダル獲得に貢献。人間の限界への挑戦を、障がい者・健常者という枠を超えて追っていくWebスポーツメディア『HERO X』を運営

WF-01

 

 

ドライカーボン松葉杖

 

 

世界で一番ボーダレスなメディア
『HERO-X』

URL:http://hero-x.jp/






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です