2018年F1第17戦日本GP鈴鹿決勝レース結果!

2018年F1第17戦日本GP決勝が10月7日(日)鈴鹿サーキットで行われた。圧倒的な強さでハミルトンが優勝、トロロッソ・ホンダは悔しい結果に終わった。F1速報引用

 

 

 

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ ルイス・ハミルトン 決勝=優勝

この週末、僕らは強さを発揮できたと思う。1-2でフィニッシュすることができた。このサーキットは世界一だ。こういうサーキットをもっと作ればいいのに。走っているすべての瞬間を楽しんだ。

今日は思いどおりにタイヤマネジメントをして、ペースを維持することができたから、走るのが最高に楽しかった。

長いことレースをしているが、こういう感覚は初めてだ。今が一番ハッピーなんだ。

(フェラーリについて語り)シーズン中盤まで、彼らはとても強かった。シンガポールから失速し始めたと思う。彼らの勢いが弱まるなんて全く予想していなかった。パフォーマンスが大幅に落ちて、以前ほど強力ではない。

僕はその理由は知らないし、僕が考えるべきことは他にある。僕たちは、ベストを尽くして、自分たちの能力を最大限に発揮することに気持ちを集中させている。(ルイス・ハミルトン談)

 

 

ボッタス2位「自分の今日の仕事は分かっていた。フェラーリがミスをし、プランを実行するのが楽になった」

 

 

母国開催の予選、躍進を見せたトロロッソホンダ!

 

 

予選は自己最高の予選6番手に感無量「ホンダのアップデートがなければQ3進出はできなかった。明らかに速さが向上」トロロッソだったが。。。

 

 

トロロッソ・ホンダ F1日本GP密着:タイヤのブリスターに悩まされた2人のドライバー。かつてない規模の応援への感謝と心残り。

2018年 第17戦日本GP

決勝結果

1位 No.44 L.ハミルトン Mercedes 1h27’17.062(53Laps)
2位 No.77 V.ボッタス Mercedes 12.919(53Laps)
3位 No.33 M.フェルスタッペン Red Bull 14.295(53Laps)
4位 No.3 D.リカルド Red Bull 19.495(53Laps)
5位 No.7 K.ライコネン Ferrari 50.998(53Laps)
6位 No.5 S.ベッテル Ferrari 1’09.873(53Laps)
7位 No.11 S.ペレス Force India 1’19.379(53Laps)
8位 No.8 R.グロージャン Haas 1’27.198(53Laps)
9位 No.31 E.オコン Force India 1’28.055(53Laps)
10位 No.55 C.サインツJr. Renault 1Lap(52Laps)
11位 No.10 P.ガスリー Toro Rosso 1Lap(52Laps)
12位 No.9 M.エリクソン Sauber 1Lap(52Laps)
13位 No.28 B.ハートレー Toro Rosso 1Lap(52Laps)
14位 No.14 F.アロンソ McLaren 1Lap(52Laps)
15位 No.2 S.バンドーン McLaren 1Lap(52Laps)
16位 No.35 S.シロトキン Williams 1Lap(52Laps)
17位 No.18 L.ストロール Williams 1Lap(52Laps)
18位 No.16 C.ルクレール Sauber DNF(38Laps)
19位 No.27 N.ヒュルケンベルグ Renault DNF(37Laps)
20位 No.20 K.マグヌッセン Haas DNF(8Laps)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です