F1日本GPの歴史「鈴鹿サーキット」開幕!1987年に始まり30回目の節目!

2018F1日本グランプリGPが5日、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開幕しました。1987年に始まった鈴鹿でのF1は、今年で30回目の節目を迎えますが、今回は記念すべき特別イベントが目白押しのF1鈴鹿GP。

 

 

フリー走行2回目が10月5日(金)に行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマーク。トロロッソホンダは10番手と13番手、明日の予選に期待。心配された天候は曇りで路面はドライの状態。

 

■2018年F1第17戦日本GPフリー走行2回目 リザルト

Pos. No. Driver Team Time Laps
1 44 L.ハミルトン メルセデス 1’28.217 31
2 77 V.ボッタス メルセデス 1’28.678 30
3 5 S.ベッテル フェラーリ 1’29.050 36
4 33 M.フェルスタッペン レッドブル 1’29.257 32
5 7 K.ライコネン フェラーリ 1’29.498 33
6 3 D.リカルド レッドブル 1’29.513 27
7 31 E.オコン フォース・インディア 1’30.035 32
8 8 R.グロージャン ハース 1’30.440 32
9 9 M.エリクソン ザウバー 1’30.478 33
10 28 B.ハートレー トロロッソ 1’30.502 27
11 11 S.ペレス フォース・インディア 1’30.510 28
12 27 N.ヒュルケンベルグ ルノー 1’30.644 36
13 10 P.ガスリー トロロッソ 1’30.795 10
14 55 C.サインツJr. ルノー 1’30.904 31
15 16 C.ルクレール ザウバー 1’30.906 26
16 20 K.マグヌッセン ハース 1’30.956 25
17 14 F.アロンソ マクラーレン 1’30.988 34
18 35 S.シロトキン ウイリアムズ 1’31.087 39
19 18 L.ストロール ウイリアムズ 1’31.215 32
20 2 S.バンドーン マクラーレン 1’31.981 32

 

 

2018F1GPもいよいよ終盤戦に差し掛かってきましたが、今年の鈴鹿は一味も二味も違う楽しみが盛り沢山です!

 

 

 

 

何と言っても、故本田宗一郎(ホンダの創設者)と日本のF1をバブル期に盛り上げてきた、故アイルトン・セナは名実ともに歴代No1のドライバーといっても過言ではない存在でした。残念ながらレース中の事故で帰らぬ人に。

 

 

YouTube・1990F1GP鈴鹿の予選!セナ×プロスト対決。

 

 

F1を盛り上げてきた、もう一人の立役者ミハエル・シューマッハ!現在はスキー事故によってリハビリ中と伝えられていますが、詳細は謎のまま。F1ファンとしても元気な姿を見せてほしいと願っております。

 

 

アイルトン・セナとチームメイトだった中島悟のマシーン(キャメルカラー)まさにHONDAの黄金期!日本のF1はもの凄い盛り上がりをみせていた頃が懐かしいですね。

 

 

右からデビッド・クルサード、ミハエル・シューマッハ、ファン・パブロ・モントーヤも表彰台の面々です、懐かしいショット!

 

 

1987年に鈴鹿で初めてF1が開催された時に優勝した、フェラーリのジャン・アレジと息子のジュリアーノ・アレジ、国民的大女優の後藤久美子(ゴクミ)の夫であり子供でもある、お二人のツーショット!

 

今年で30回目の節目を迎える鈴鹿F1日本GPには、これまでの29大会で活躍したマシンやドライバーが集結。デモンストレーションランやトークショーなどに登場し、記念大会に華を添える。

 

 

来場するレジェンドドライバーは中嶋悟や鈴木亜久里、佐藤琢磨、片山右京、中嶋一貴(親子出演)といった日本人ドライバーに加え、ジャン・アレジ、ミカ・ハッキネン、デイモン・ヒル、ルーベンス・バリチェロといった海外ドライバーなど豪華な面々だ。

 

また現役ドライバーも、トークショーに参加の予定と言う事ですので、F1の歴史に花を添えて盛り上がる事間違いなしです。

 

 

ミカ・ハッキネンが1998年のドライバーズタイトルを獲得した時の愛車”マクラーレンMP4-13”のデモ走行が行われることが決まった。

このマクラーレンMP4-13は、普段ドイツで動態保存されているもので、約20年ぶりに海を渡り、鈴鹿サーキットに持ち込まれますが、ファンとして本当に楽しみですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です