2018 AUTOBACS SUPER GT第3戦「SUZUKA GT 300km – FAN FESTIVAL -」の決勝・GT500:ARTA NSX-GTがポール・トゥ・ウインで今季初勝利!

5月20日午後、2018 AUTOBACS SUPER GT第3戦「SUZUKA GT 300km – FAN FESTIVAL -」の決勝レースが鈴鹿サーキット(三重県)で行なわれた。GT500:No.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)が、ポールポジション(予選1位)から、事実上トップを譲ることなく今季初勝利を決めた。supergt. net 引用

 

 

GT300クラスもNo.96 K-tunes RC F GT3(新田守男/中山雄一)がポール・トゥ・ウイン。これで、新田はクラス最多勝タイの19勝となった。

 

 

2位にはNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が入り、Hondaのホームコース、鈴鹿でNSX-GTがワン・ツーで表彰台に上がった。

 

 

3位はNo.1 KeePer TOM’S LC500(平川 亮/ニック・キャシディ)。この結果、山本/バトンが、6位になったNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rの松田次生/ロニー・クインタレッリを1ポイント上回りドライバーズランキングでトップになった。

 

 

Rd.3 決勝GT300:速さで勝負したK-tunes RC F GT3が鈴鹿300kmを完勝!

 

 

2位はNo.25 HOPPY 86 MC(松井孝允/坪井翔)が入った!

 

 

3位はNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)という結果となった。 この結果、ドライバーズランキングのトップは今回ノーポイントのNo.55 ARTA BMW M6 GT3の高木真一/ショーン・ウォーキンショーで変わらず。だが、今回2位の松井/坪井が同点となり、ランキング2位となった。ランキング3位はNo.18 UPGARAGE 86 MCの中山友貴/小林崇志。また、第3戦優勝の新田/中山は4位に浮上した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です