【大阪クラシックカー博物館・GLION MUSEUM】この夏からお子様の入場料が無料に!!今年の夏休みは大阪築港・赤レンガ倉庫へ!

GLIONグループ(ジーライオングループ 所在地:兵庫県神戸市)は、同社が運営するGLION MUSEUMにて2022年7月1日(金)よりクラシックカー博物館の入館料を変更いたします。

世界中の希少なクラシックカーが集められた大阪のクラシックカー博物館・GLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)。
2023年で築100年を迎える歴史的な建造物・大阪築港の赤レンガ倉庫が、クラシックカー博物館に生まれ変わり2022年6月13日(月)で8年目を迎えました。
この夏、お出かけを控えたお子様の夏休みに向けて2022年7月1日(金)より小学生の入館料を500円から無料に改訂いたします。

【クラシックカー博物館・GLION MUSEUM 入館料改定内容】
■2022年7月1日(金)から■入館料
大人 1,200円 /小人(小学生) 無料
※土日祝日は別途駐車場料金(1台に付き500円)を頂戴します
※全て消費税込み■営業時間:11:00〜17:00■定休日:月曜日
※祝日の場合は翌営業日■お問い合わせ:06-6573-3006
HP:https://glion-museum.jp/

 

  •   築約100年の赤レンガ倉庫とクラシックカーの共存 GLION MUSEUM

TOYOTA2000GT

TOYOTA2000GT

CADILLAC61 映画『ゴッドファーザー』でも使用された車種

CADILLAC61 映画『ゴッドファーザー』でも使用された車種

クラシックカー博物館内は4部屋の展示場で構成。
馬車の時代まで遡り、日本はもちろんのこと、アメリカやヨーロッパまで多種多様にわたるクラシックカーを展示しています。
半世紀も前に公開された映画『ゴッドファーザー』にも出てくるキャデラック61や『007は二度死ぬ』でボンドカーとして登場したTOYOTA 2000GTなど、独特な世界観が感じられる雰囲気や、今にも走り出しそうな迫力満点の見た目には大人はもちろん子供も大興奮間違いなし!

クラシックカープラモデルやヴィンテージ雑貨なども多数販売

クラシックカープラモデルやヴィンテージ雑貨なども多数販売

博物館受付横に位置するグッズ販売コーナーでは、珍しいヴィンテージ雑貨やクルマにまつわるおもちゃを多数販売。
トミカはもちろんのこと、特にクラシックカーのプラモデルは大人にも大人気の商品です。

赤レンガ倉庫施設内ではハワイのHy’s steak house国内唯一の姉妹店・AKARENGA STEAK HOUSEhttps://www.akarengasteak.jp/  )や、肉にこだわったフレンチを堪能できるLA VIE 1923(  https://lavie-osaka.jp/  )も併設しており、ランチなどお食事のご利用も可能です。
※AKARENGA STEAK HOUSEは日曜のみランチ営業を開催

クラシックカー博物館観覧の合間や前後に、ご家族でのお食事にオススメです。

今年の夏はご家族で大阪築港のクラシックカー博物館・GLION MUSEUMへ遊びに来てはいかがでしょうか。

■GLION MUSEUM https://glion-museum.jp/
所在地
大阪府大阪市港区海岸通2-6-39

アクセス
〈電車〉Osaka Metro中央線  大阪港駅 6番出口より徒歩約5分
〈お車〉阪神高速各線 天保山出入り口から約3分(敷地内に駐車場あり)

電話番号
06-6573-3006

営業時間
11:00-17:00

定休日
月曜(祝日の場合翌日)

撮影に関して
個人利用の目的でお手持ちのスマホやカメラによるクラシックカーの撮影は可能です。
商用目的や、機材・三脚・ライトなどを使用しての撮影、「撮影場所」としてのご利用は、別途料金が発生いたします。
詳細はお電話にてお問い合わせください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。