ENEOSスーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook第2戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース 開催結果【FSWインフォメーション No.I-30】

富士スピードウェイは、6月3日(金)〜5日(日)にENEOS スーパー耐久シリーズ 2022 Powered by Hankook 第2戦 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レースを開催し、3日間で延べ38,100人(※)の来場者で賑わいました。※ 3日(金)4,500人(晴れ)、4日(土)16,900人(曇り)、5日(日)16,700人(晴れのち曇り)

■ 決勝レース
● ST-Xクラスの#62 HELM MOTORSPORTS GTR GT3 (鳥羽豊/平木湧也/平木玲次/ショウン・トン組)が760周を走破し初の総合優勝!
スバル・トヨタ・日産が投入したカーボンニュートラル燃料エンジン搭載車両や
トヨタの水素燃料エンジン搭載車両は、揃って完走!

決勝レースは、池谷晴一小山町長による開会宣言に続き、4日(土)15時、56台が24時間先のゴールを目指しスタートしました。
スタートから序盤は、ポールポジションからスタートの#888Grid Motorsport AMG GT3と、#62HELM MOTORSPORTS GTR GT3によるトップ争いが8時間経過まで続きました。

その後、#62が「ドライバー連続運転時間超過」のペナルティピットストップ180秒を受け後退すると、連覇を狙う#81DAISHIN GT3 GT-Rが#888との差を詰めていき、#888が先にピットインしたことで#81がトップに浮上。その後、#81は後続を徐々に引き離しはじめ、独走態勢を築き、夜明けを迎えました。
しかし、ゴールまであと3時間半のところで、#81がピットインの際、痛恨のマシントラブルに見舞われて順位を落とし、2位で猛追していた#62がトップに浮上。その後は順調に周回を続け、#62が760周(約3,467.8km)を走破し、24時間レース初優勝を飾りました。
注目のST-Qクラスでは、カーボンニュートラル燃料で走るスバルの#61 Team SDA Engineering BRZ CNF Concept、トヨタの#28 ORC ROOKIE GR86 CNF Concept、日産の#230 Nissan Z Racing Conceptが揃って完走を果たしたほか、水素燃料エンジン搭載車として2度目の24時間レースに挑んだ#32 ORC ROOKIE GR Corolla H2 conceptは、水素補給のピットインを繰り返しながら走行を続け、昨年の358周を上回る、478周(約2,181.1km)を走破し完走しました。

● 場内イベント

大会期間中、イベント広場では人気アニメ「ゆるキャン△」とのコラボレーションイベントが併催され、GRヤリスのオリジナルラッピングカー、等身大パネルなどを展示したブースには、多くのお客様が来場されました。また、「FSWスカイクルーズ(遊覧ヘリ)」や「熱気球係留飛行体験」では、上空からコースを見下ろす、貴重な体験をお楽しみいただきました。
その他、恒例の「花火打ち上げ」、野外映画館「スピードウェイシネマ Supported by TOYOTA」に加え、P16B駐車場で行われた「CHILL OUT BASE 2022」では、フードやワークショップをはじめ、大型ビジョンでの中継映像配信など、ご来場の皆様に24時間レースの夜をたっぷりお楽しみいただきました。

■正式結果
●ST-Xクラス
[1位] No.62 鳥羽豊/平木湧也/平木玲次/ショウン・トン HELM MOTORSPORTS GTR GT3
[2位] No.888 マーティン ベリー/高木真一/黒澤治樹/山脇大輔 Grid Motorsport AMG GT3
[3位] No.81 大八木信行/藤波清斗/青木孝行/坂口夏月 DAISHIN GT3 GT-R
●ST-Zクラス
[1位] No.500 大塚隆一郎/太田格之進/金石年弘/木村偉織 5ZIGEN AMG GT4
[2位] No.885 HIRO HAYASHI/平中克幸/清水英志郎/新田守男/中山友貴 シェイドレーシングGR SUPRA GT4
[3位] No.21 本多秀朗/宮田莉朋/神晴也/阿野雄紀/藤井優紀 Hitotsuyama Audi R8 LMS GT4
●ST-TCRクラス
[1位] No.75 塚田利郎/蘇武喜和/金丸ユウ/三浦康司/J/清瀧雄二 Team Noah HONDA CIVIC TCR
[2位] No.97 遠藤光博/中野信治/西村和真/三井優介/小出峻 Racer HFDP CIVIC
●ST-Qクラス
[1位] No.3 小河諒/菅波冬悟/川端伸太朗/谷岡力 ENDLESS AMG GT4
[2位] No.244 田中哲也/田中徹/三宅淳詞/高星明誠/安田裕信 Nissan Z Racing Concept
[3位] No.61 井口卓人/山内英輝/廣田光一/鎌田卓麻/吉田寿博 Team SDA Engineering BRZ CNF Concept
●ST-1クラス
[1位] No.2 井田太陽/加藤寛規/吉本大樹/小林崇志/高橋一穂 シンティアム アップル KTM
[2位] No.47 浜健二/織戸学/近藤翼/松浦孝亮/Jake Parsons D’station Vantage GT8R
[3位] No.8 木下隆之/砂子塾長/大井貴之/山田弘毅/東風谷高史 Studie BMW M2CSR
●ST-2クラス
[1位] No.225 平良響/荒川麟/奥住慈英 KTMS GR YARIS
[2位] No.13 伊東黎明/石坂瑞基/花里祐弥/岡田整 ENDLESS GRヤリス
[3位] No.59 大澤学/後藤比東至/安岡秀徒/佐藤駿介/鶴賀義幸 DAMD MOTUL ED WRX STI
●ST-3クラス
[1位] No.52 服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰/地頭所光 埼玉トヨペット GB クラウン RS
[2位] No.39 冨林勇佑/伊藤鷹志/石井宏尚/大滝拓也/水野大/宮下源都 エアバスターWINMAX RC350 55ガレージTWS
[3位] No.63 堀田誠/阪口良平/阪口晴南 muta Racing LEXUS RC 350 TWS
●ST-4クラス
[1位] No.86 河野駿佑/松井孝允/山下健太 TOM’S SPIRIT GR86
[2位] No.884 石川京侍/国本雄資/山田真之亮/影山正彦 シェイドレーシング 86
[3位] No.60 瀬戸貴巨/塩谷烈州/松波太郎/中村ひかる 全薬工業withTEAM G/MOTION’インテグラ
●ST-5クラス
[1位] No.17 吉岡一成/大谷飛継/上松淳一/西澤嗣哲/山本浩朗/野上敏彦 DXLアラゴスタ NOPROデミオ
[2位] No.104 吉田綜一郎/佐々木孝太/妹尾智充/大崎悠悟/吉田隆ノ介 HM-R ヒロマツデミオ2
[3位] No.66 武地孝幸/貫戸幸星/猪股京介/岡本大地/高崎保浩/上野大哲 odula TONE MOTULロードスター



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。