「プレミアム チャージング アライアンス」ポルシェとアウディが締結!

日本における150kWの急速充電器ネットワーク拡大!!

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)とアウディ ジャパン(本社:東京都品川区、ブランド ディレクター: マティアス・シェーパース)は、2022年4月19日(火)、日本国内での急速充電器のネットワーク拡充を促進する業務提携を締結し、「Premium Charging Alliance(プレミアム チャージング アライアンス)」事業を発表しました。これにより2022年7月1 日(金)から、両ブランドが展開する急速充電器を、ポルシェオーナーでもアウディオーナーでも利用することができます。

「Premium Charging Alliance」は、ポルシェとアウディのBEV(電気自動車)モデルのオーナーに向けて、両ブランドのディーラーネットワークまたは都市部に展開する150kW級出力*、CHAdeMO規格の急速充電器ネットワークを統合することにより、日本国内の充電サービスを展開する事業です。これにより、ポルシェジャパンが展開するポルシェターボチャージャー41拠点50基とアウディ ジャパンが展開する52基の合計102基の急速充電器を、両オーナーは利用することができます。※2022年12月末時点での設置数となります。

ポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュは、次のように述べています。「日本は公共の充電ネットワークの整備に積極的に取り組んでいますが、充電速度自体はまだ十分でないと考えています。スポーティなモビリティを提供するプレミアムプロバイダーという立場から、ポルシェが急速充電の分野で先駆者になることは当然のことです。プレミアム チャージング アライアンスによって、私たちは急速充電を提供する他の企業と協力し、お客様が車の充電に費やす時間を短縮するとともに充電により便利な場所を見つけることによって、電気自動車の運転をさらに便利なものにすることを目指しています。」

アウディ ジャパンのブランドディレクターであるマティアス・シェーパースは「アウディの掲げる「Future is an attitude」のブランドビジョンを通し、世界中、そしてここ日本でeモビリティへの変革を加速させている。アウディジャパンは、電気自動車への転換において150kW以上の急速充電器ネットワークを戦略的に拡大することが必要不可欠であり、オーナーの利便性の向上は電気自動車販売促進においても非常に重要な役割を持つと考える。また、自宅に充電器を設置することができない都市部に居住する方などに対し、充電環境を整えることで、電気自動車を選択することができなかった方にも購入を検討して頂けるきっかけにしていきたい。今後アウディの電動化戦略を加速させるモデルとなるQ4 e-tronの日本発売に向けて積極的に準備を進めている。」と語りました。

急速充電器のポルシェターボチャージャーは先駆的技術のリーダーである ABB社と共同で開発したもので、パワフルな150kW*の出力により、タイカンの車載バッテリーを24分で80%(走行距離300㎞分)まで充電することが可能です。日本国内のポルシェセンター34箇所38基、都市型充電インフラとして、虎ノ門ヒルズをはじめ、東京、名古屋、大阪に6箇所(11基)、ポルシェの体験型施設ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京で1基が現在も稼働しています。

ポルシェジャパンによる電気自動車の充電ネットワークに関する詳細は下記URLよりご覧ください。
https://www.porsche.co.jp/sp/charging/

*2022年夏までは90kW

ポルシェジャパンリリースサイトURL:https://press.jp.porsche.com/prod/presse_pag/PressResources.nsf/Content?ReadForm&languageversionid=1311867

<お客様からのお問い合わせ先>
ポルシェコンタクト 0120-846-911  / HP http://www.porsche.com/japan/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。