日本初※1!“新型車がカーシェアできるディーラー店舗”として世界第4位のStellantisがAnycaに100店舗超えの本格参入

35都道府県のアバルト、アルファ ロメオ、フィアット、ジープ148店舗150台が登録しディーラー車両のブランド数、店舗数、車両数が日本最大※2のカーシェアアプリに

株式会社DeNA SOMPO Mobility(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:馬場光、以下 DeNA SOMPO Mobility)が運営しているカーシェアプラットフォーム「Anyca(エニカ)」と、Stellantisジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム、以下 Stellantisジャパン)は、法人が所有する車両をカーシェア※3可能にする「Anyca」の取り組みに、Stellantisジャパン(アバルト、アルファ ロメオ、フィアット、ジープの4ブランド)の正規ディーラー148店舗が参入し、合計150台が登録することが決定しました。

特設サイト:
アバルト: https://www.abarth.jp/anyca_carsharing/
アルファ ロメオ: https://www.alfaromeo-jp.com/anyca_carsharing/
フィアット: https://www.fiat-auto.co.jp/anyca_carsharing/
ジープ: https://www.jeep-japan.com/support/anyca_carsharing.html

共同使用契約に基づいたカーシェアで、100店舗以上のディーラーが参加するのは日本初となります※1。地域のディーラー店舗が参加することで、全国の幅広い地域で「Anyca」を通じたディーラー所有車輌のシェアが可能となります。また、今回のStellantisジャパンの参加により、「Anyca」はディーラー車両を共同使用契約に基づいてシェアできるプラットフォームとして、ディーラー車両のブランド数、店舗数、車両数が日本最大となります※2。

Stellantisジャパンは、2021年の新車販売数が世界第4位のStellantisの日本法人で、日本市場で年間4.5万台を販売し、海外ブランドとして確固たる地位を築いています。各々のブランドが、長年にわたる歴史とスポーツ志向の色が濃い独自の個性を有しています。多種多様で豊富な製品ラインナップにより、日本に在る輸入車インポーターの中でもとりわけユニークな存在となっています。今回の「Anyca」の登録には、店舗単位やエリア単位ではなく、Stellantisジャパンの全体戦略の一環として、イタリアのアバルト、アルファ ロメオ、フィアットに加え、アメリカを象徴するジープが参加します。

これまで、新車を体験する機会は主にディーラーでの試乗に限られており、新車の魅力を知る機会は購入直前で、短距離の走行では十分に伝わりきらないという課題がありました。今回の取り組みで、Stellantisジャパンのディーラー店舗からカーシェアで新車を楽しめるようになることで、じっくりとクルマの購入を検討することや、クルマ購入直前でなくても、乗りたい新車に気軽に何度も乗車することができ、高速走行性や車庫入れ感覚などもじっくり体験できます。また、新車を継続的に体験することで、ブランドのファン化も期待されます。

「Anyca」でカーシェアできるStellantisジャパンの正規ディーラーについて
・登録ディーラー数:148店舗
・登録車数:150台
・車種と共同使用料:

メーカー 車種 共同使用料(24時間)
アバルト 595 ¥4,000~
595C ¥5,000~
アルファ ロメオ Giulia ¥5,500~
Stelvio ¥6,000~
フィアット 500 ¥3,000~
500C ¥4,000~
500X ¥4,500~
Panda ¥4,000~
ジープ Renegade ¥4,000~
Compass ¥4,000~
Wrangler ¥5,500~

※店舗、車両によって、共同使用料は異なります。2022年3月28日時点の共同使用料です。
※ご利用には、共同使用料の他に保険料、燃料代、契約料(100円)などが必要となります。

アバルト 595

アルファ ロメオ Giulia

フィアット 500X

ジープ Compass

Stellantisジャパンのカーシェアの開始を記念したキャンペーン
Stellantisジャパンの正規ディーラーの登録を記念して、登録車両を対象にしたカーシェア時に利用できる30%OFFキャンペーンを実施します。キャンペーンの詳細及び、車種の詳細や共同使用料、受取場所などについてはこちらをご覧ください。

アバルト: https://www.abarth.jp/anyca_carsharing/
アルファ ロメオ: https://www.alfaromeo-jp.com/anyca_carsharing/
フィアット: https://www.fiat-auto.co.jp/anyca_carsharing/
ジープ: https://www.jeep-japan.com/support/anyca_carsharing.html

■「Anyca(エニカ)」について( https://anyca.net/ )
“乗ってみたい”に出会えるカーシェアアプリ「Anyca(エニカ)」は、一般車から高級車まで、多彩なクルマを個人や企業からカーシェアできるアプリです。オーナーは、駐車場に眠っているクルマをシェアすることでクルマにかかる維持費が軽減され、希望のマイカーが持ちやすくなります。ドライバーは、国内外の乗用車をはじめスポーツカーや高級車など、豊富な車種の中から、希望のクルマに乗ることができます。共同使用契約に基づく、個人・企業間カーシェアだけでなく、1時間単位で利用可能な非対面でのカーシェア(レンタカー形態)も提供しています。累計登録台数は20,000台以上(1,000車種以上)、累計登録会員数は50万人以上。(数値は全て2021年6月末時点)

■Stellantisジャパンについて
2021年1月、FCAとグループPSAは持続的なモビリティの世界的なリーダーを目指して合併し、新たにStellantis(ステランティス)としてグローバルでスタートを切りました。高い実績と安定した財務状況に裏打ちされた二社の統合によって誕生したStellantisは、多様で優秀、そして経験豊富な40万人の従業員を擁するグローバルカンパニーであり、130ヶ国以上で事業を展開しています。Stellantisの日本法人であるStellantisジャパンは、2022年3月1日に誕生しました。取り扱うブランドには、イタリアのアルファ ロメオ、フィアット、アバルト、フィアット・プロフェッショナル、フランスのプジョー、シトロエン、DSオートモビルに加え、アメリカを象徴するジープがあります。私たちは、多彩で心昂る選択肢をご提案しながら、ドライビングの感動と歓喜を醸成し、日本のお客様へ豊かなライフスタイルをお届けします。

■Jeepについて
SUVのみを作り続けてきた、唯一無二のブランド『ジープ』。“本物”にこだわり続けるクルマ作りの思想は1941年の創業時から不変です。SUVフルラインナップの中から理想の1台を見つけてください。遊び心を忘れない大人へ。ジープが人生の特別な旅を彩ります。

■FIATについて
120年以上にわたり、幅広い層の人々にモビリティの喜びを提供し続けてきた『フィアット』。そして今、フィアットは次なるフェーズへ。「サステナビリティを皆のものに」。その時々に求められる時代の要請に応え続けていくこと。それがフィアットのDNAです。

■ABARTHについて
『アバルト』に乗るということは、ドライビングを楽しむということ。高性能なチューニングファクトリーから世界に名だたるハイパフォーマンスカー・ブランドへと発展した、蠍の血統。その熱きクラフトマンシップとアドレナリンを刺激する走りをご堪能ください。

■Alfa Romeoについて
1910年の誕生以来、モータースポーツへの挑戦と共に歩み続けてきた『アルファ ロメオ』。高性能なパフォーマンスと、官能的なイタリアンスタイル、連綿と受け継がれる偉大なヘリテージが融合した、五感を刺激するドライビングエクスペリエンスをお届けします。

※1 日本において共同使用契約に基づいたカーシェアで、100店舗以上のディーラーが参加することに関して(DeNA SOMPO Mobility調べ、2022年3月25日時点)
※2 ディーラー車両を共同使用契約に基づいてシェアできるプラットフォームとして、ブランド数、店舗数、車両数において日本最大(DeNA SOMPO Mobility調べ、共同使用契約によるカーシェアをおこなっているプラットフォーム運営事業者を独自調査、2022年3月25日時点)
※3 自家用自動車有償貸渡(レンタカー)事業ではなく、共同使用契約の枠組みにおけるカーシェア



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。