「外国人整備士.com」と無料相談サービスを開始【採用担当者必見!新規採用4.3倍】コロナ渦でも急増!

今注目されている人材採用・人材確保「特定技能制度(外国人の新しい就業VISA)」について、「外国人整備士.com」と無料相談サービスを開始。

外国人整備士 .com
https://www.xn--gmq88bg6js5bbgr71e.com/特定技能2号を13分野に
https://www.xn--gmq88bg6js5bbgr71e.com/post/mukigen特定技能について
https://www.xn--gmq88bg6js5bbgr71e.com/post/tokutei外国人就労「無期限(在留期限撤廃)」の方針発表について
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000493.000039923.html

ファインピース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:木下寛士)は自動車整備業界に特化し技術研修や企業の人材育成をサポートする外国人人材プラットフォーム「外国人整備士.com」と共に、コロナ禍のこの1年で新規採用が「約4.3倍」伸びている「特定技能外国人」についての無料相談サービスを開始することを決定した。

自動車整備分野における特定技能サポートプラン・雇用や研修への助成金の活用パック
・管理団体・登録支援機関のご紹介
・自動車整備の技能研修カリキュラムの提供

詳細はこちらから
https://www.xn--gmq88bg6js5bbgr71e.com/

自動車整備の分野において正しく技能実習・特定技能について学ぶためのセミナーの開催も受付を行っている。

  • 特定技能制度について

・2019年4月からスタートした外国人の新しい就業VISA
・約1年後の2020年9月は「8,769名」の実績だったが、2021年9月には「38,337名」まで急増。

特定技能は人材確保が困難な業種で即戦力となる外国人を対象に19年4月に設けられた制度です。
実務経験を持ち特別な教育・訓練が不要な人は最長5年の「1号」を、現場の統括役となれるような練度を技能試験で確認できれば「2号」を取得でき、更新可能で家族も滞在資格が得られ、在留10年で永住権取得が可能になります。

入管庁などは、2号の対象に11分野を追加し、計13分野にする方向で調整しています。
特定技能の制度導入時、入管庁は23年度までに34万5千人の労働者が不足するとみてましたが、足元では特定技能の取得者は月3千人程度で推移しており、就労期限がなくなれば計算上、20年代後半に30万人規模になるとも見込まれています。

自動車整備業界で特定技能が注目される背景
日本の自動車整備士の多くは現在は50〜60代で、今後の大量退職が予測されており、整備士不足による自動車整備業界の縮小が懸念されています。

在留資格「特定分野」は、技術移管を目的とする技能実習とは違い、国内で特に人手不足が深刻な14業種を対象に、労働者として外国人を受け入れる制度となります。

自動車整備分野で受け入れ可能な特定技能1号には、5年間の最長在留期間が設けられているが、特定技能2号には在留期間の定めはありません。

これまで特定技能2号が設けられていたのは、建設と船舶・船用工業の2業種だけだが、今後特定技能2号の対象職種を13種まで増やす方針で調整が進んでいます。

自動車整備分野でより多くの外国人材を受け入れ、高度な自動車整備士を育成するため、特定技能2号へのスムーズかつ適切な移行の準備が必要不可欠となります。

特定技能について
https://www.xn--gmq88bg6js5bbgr71e.com/post/tokutei

  •  外国人技能実習生制度の歴史

2016年4月1日、外国人技能実習生制度において「自動車整備」が職種に追加。
外国人技能実習生が自動車整備の研修生として日本企業で働くことができるようになり中小企業での活用が開始。

2017年11月、技能実習法が施行され、3年だった研修期間が最長5年間へ延長された。

2019年4月、新しい在留資格である特定技能もスタート。
労働力として自動車整備人材不足をカバーするための外国人活用の土台が整った。

現在、ベトナムやフィリピン、カンボジアなどから20代の若い人材が日本全国の整備人材として働いている。

外国人技能実習生制度の歴史の詳細

https://www.xn--gmq88bg6js5bbgr71e.com/post/history

  •  自動車整備業界で特定技能が注目される背景

日本の自動車整備士の多くは現在は50〜60代で、今後の大量退職が予測されており、整備士不足による自動車整備業界の縮小が懸念されている。

在留資格「特定分野」は、技術移管を目的とする技能実習とは違い、国内で特に人手不足が深刻な14業種を対象に、労働者として外国人を受け入れる制度となる。

自動車整備分野で受け入れ可能な特定技能1号には、5年間の最長在留期間が設けられているが、特定技能2号には在留期間の定めはない。

これまで特定技能2号が設けられていたのは、建設と船舶・船用工業の2業種だけだが、今後特定技能2号の対象職種を13種まで増やす方針で調整が進んでいる。

自動車整備分野でより多くの外国人材を受け入れ、高度な自動車整備士を育成するため、特定技能2号へのスムーズかつ適切な移行の準備が必要不可欠となる。

技能実習についてのセミナーはこちら
https://www.xn--gmq88bg6js5bbgr71e.com/post/s2022

外国人整備士 .com
問い合わせ:https://www.xn--gmq88bg6js5bbgr71e.com/contact/
公式サイト:https://www.外国人整備士.com/

【ファインピース株式会社】
〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目15-14
公式サイト   :https://ja.finepiece.global/
ECサイト    :https://finepiece.delivery/
LINE窓口    :https://page.line.me/finepiece/
フォーム窓口 :https://ja.finepiece.global/form/
フェイスブック:https://www.facebook.com/FinePieceJP/
インスタグラム:https://www.instagram.com/FinePieceJP/
ツイッター  :https://twitter.com/FinePieceJP/

【取り扱いブランド】
BOSCH一次代理店、DRIVISION Japan販売元、Amino Care Japan販売元、カフェデイタリア総輸入元、ProADAS輸入元、John Bean代理店、TECOアライメントリフト輸入元、テルモメカニカ輸入元、コンパクトミグ総輸入元、チェボラ代理店、スーパープント輸入元、FDM HUBER、TECO代理店、DR輸入元、TENZI総輸入元…

【グループ企業・関連団体】
■エフディエム
https://www.fdmtool.com/
■TENZI テンジ
https://tenzi.jp/
■ドリビジョン ジャパン
https://finepiece.delivery/list.php?c_id=177
■AAMA オートアフターマーケットM&Aセンター
https://www.aama.support/
■ASA オートアフターマーケット再興戦略基盤
https://www.autoaftermarket.vision/
■AMS 自動車整備補助金助成金振興社
https://www.subsidyassociation.com/
■外国人整備士.com
https://www.xn--gmq88bg6js5bbgr71e.com/

【新企画】メカニック塾(メカドルゆき) × ファインピース「技術アカデミー」
https://ja.finepiece.global/mechadol

 スタッド溶接をやってみた:https://youtu.be/2txSToGodyI 

超高張力鋼板対応のスポットカッター:https://youtu.be/kJ8PblRCMsg  

フレーム修正機・補助金活用:https://youtu.be/pZ838QYeh3c

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。