モントレー・カー・ウィークでベントレーが6台の車両のパブリック・デビューを果たす

ベントレーモーターズジャパン

ベントレーはモントレー・カー・ウィーク2021で6台の新型車両を初公開し、アメリカでのイベントで大きな成功を収めました。

ベントレーの最新モデルと「ビヨンド100戦略」を紹介する4日間の展示会は、CDCのガイドラインに完全に準拠して運営され、ベントレーのゲストとスタッフは終始COVIDの安全性を維持しました。ベントレーマリナーの素晴らしい3つのポートフォリオ(クラシック、コーチビルド、コレクション)が初めて一堂に会し、新型フライングスパーハイブリッドとベンテイガハイブリッドを含むベントレーの新しいハイブリッドシリーズも公開されました。

モントレーにある”ホーム・オブ・ベントレー”には、期間中2,500名を超えるベントレーのお客様や愛好家の方々が来場され、そのうち100名の方が最新製品に試乗されました。ホームでは毎日異なるベントレーのラインナップが展示され、ベントレーの「ビヨンド100戦略」(世界有数の持続可能な高級モビリティ企業になるためのベントレーの9年間の道程)を詳細に説明する手作りのディスプレイも設置されました。バイオ燃料を搭載したコンチネンタル GT3 パイクスピークを中心に、開発中のサステイナブルな素材や、カーボンニュートラルとクライメートポジティブを実現するためのブランドの道筋に関する情報が展示されました。

もう一つの目玉はベントレーの「ユニファイングスパー」で、車体にはデザイナーのリッチ・モリスが制作したアートワークが施されています。これはベントレーの新しいダイバーシティ&インクルージョン戦略を強調するためのもので、ベントレーの献身的な同僚のネットワークを称え、2025年までに管理職レベルでのダイバーシティを30%に高めることを目標としています。

ベントレーアメリカの社長兼CEOであるクリストファー・ジョージは次のようにコメントしています。

「2019年にペブルビーチで創業100周年を祝った後、今年、再びモントレーに戻ってこれたことは、素晴らしい経験となりました。パンデミックへの挑戦の後、私たちは、徹底的にモダンで多様なニューモデルのラインナップとともに、お客様を祝福することを選びました。また、久しぶりにお客様と直接お会いできたことは、誰にとっても素晴らしい経験となりました。モントレー・カー・ウィークは常に私たちの年間行事のハイライトであり、ベントレーがこれまでの会社の歴史の中で最も好調な業績を上げ続けている今年は特に特別でした。」

バカラル、ブロワー、一連のハイブリッド車と新型フライングスパーマリナー
今年の展示車には、ベントレーのハンドクラフトモデルの幅広さが表されていました。

新型フライングスパーマリナーはフライングスパーシリーズの最高峰で、マリナー独自のディテールを備えており、木曜日の夜に”ホーム・オブ・ベントレー”で発表されました。セルフレベリングセンターキャップ付きの22インチマリナーホイール、独自の「ダブルダイヤモンド」フロントグリル、サテンシルバーのミラーキャップがフライングスパーにさらなるエレガンスを与え、キャビンにはベントレーの定評あるハンドクラフトマンシップをさらに高みへと引き上げるトリムと素材が用意されています。

フライングスパーマリナーは、コンチネンタルGTクーペとコンバーチブルの兄弟車とともに、ベントレーマリナーの3つの部門のうちの1つであるマリナーコレクションのポートフォリオを代表しています。コーチビルドポートフォリオは、モントレー・カー・ウィークのために特別に製作されたスカラブグリーンの新塗装とリトリムされたキャビンが美しい、バカラルプロジェクトの開発プロトタイプ(「Car Zero」)によって示されました。12台の高級カスタマーカーの最初のモデルがマリナーのワークショップで製作された後、バカラルは顧客とのデモドライブに使用され、8月13日(金)に開催されたザ・クゥェィル・モータースポーツギャザリングでは主役として登場しました。8月13日(金)に開催されたザ・クゥェィル・モータースポーツギャザリングでは、バカラルが主役となり、日曜日のペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、コンセプトローンに堂々と登場しました。

 マリナーの最後の主役は、クラシックポートフォリオの代表であるブロワーコンティニュエーションのエンジニアリング・プロトタイプでした。6,000マイルに及ぶ開発・耐久プログラムを終えたブロワーの開発プロトタイプ「Car Zero」は、モントレー・カー・ウィーク期間中、毎日半島周辺の道路を走り、350マイルを一度も休むことなく走破しました。お客様、メディア、ゲストは、世界初の戦前のコンティニュエーションカーに同乗し、息を呑むようなパフォーマンスに喜びと驚きを感じていました。

マリナーのショーケースに加えて、ベントレーの主力モデルの新型車も展示されました。特に注目すべきは、ベンテイガハイブリッドと並んで新型フライングスパーハイブリッドが展示され、ベントレーの新しいハイブリッドシリーズが初公開されたことです。これでベントレーのモデルレンジの3分の2には、ハイブリッドのオプションが用意されることとなりました。これは、2025年までに電動化と最初のBEVを実現するというブランドの取り組みの一環です。

マリナーファミリー、ハイブリッドシリーズ、ユニファイングスパー、コンチネンタルGTスピードコンバーチブルは、土曜日の夜にペブルビーチのザ・ビーチ&テニスクラブで開催されたシグネチャーパーティでお客様をお迎えするための見事なディスプレイとなり、何百人ものVIPゲストはライブミュージックとともに美味しい食事と飲み物を楽しみました。このパーティーは、前夜にシールロックビーチで行われた150名のお客様のためのプライベートディナーに続くもので、ベントレーの新しいブランドパートナーであるザ・マッカランが”ホーム・オブ・ベントレー”と同様にサポートしました。マッカランとベントレーのパートナーシップとして、地域のブランドアンバサダーであるケイロン・エリオットがテイスティングが行われ、2つのパートナーが共に歩む道のりの説明や、イベント期間中、ベントレーのために最高級のウイスキーを提供されました。(ただし、お客様が運転している時には提供しません)。ベントレーモーターズは、来年2022年8月15日から始まるカー・ウィークに合わせて、モントレー半島に再び戻ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です