「マセラティ名古屋インター」4月17日グランド オープン!

オープンを記念しギブリ ハイブリッド、ギブリ トロフェオを日本初公開

マセラティ ジャパン株式会社

マセラティ ジャパン株式会社(代表取締役:グレゴリー・ケイ・アダムズ、本社:東京都港区)が認定するマセラティ正規ディーラー マセラティ 名古屋桜山が、2021年4月17日(土)、名東区に移転し、新たに国内最大級のショールームとして「マセラティ 名古屋インター」がグランドオープンいたします。

新店舗は、東名自動車道の名古屋インターチェンジから近く、名古屋を含め東海地域のさまざまな方面からアクセスが可能で、エレガントな雰囲気の中で、個性溢れるマセラティの最新モデルを多数展示します。

このオープンを記念して、4月17日から5月6日まで、マセラティ初のハイブリッドモデル ギブリ ハイブリッドならびにギブリ初のV8エンジン搭載モデルであるギブリ トロフェオを導入に先駆け日本初公開いたします。また、5月7日から16日には、発表から50周年を迎えたマセラティ ボーラを特別展示いたします。

【新店舗詳細】
新店舗名:マセラティ 名古屋インター
店舗所在地:〒563-0034  愛知県名古屋市名東区上社2丁目242番
TEL:052-875-4907
FAX:052-875-4908

オープン日:2021年4月17日(土)
店舗責任者:谷本 真厚
サービス責任者:仁禮 義貴
新車展示台数:5
サービスワークベイ数:4
面積:敷地面積 987.47平方メートル/ショールーム延床面積 2,576.20平方メートル
営業時間:10:00~19:00(毎週火曜日定休)

【ギブリ ハイブリッド、ギブリ トロフェオ】

Maserati S.p.A.
マセラティは、並外れた個性で全車種において即座に認識できる唯一無二の車を生産しています。そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、マセラティは最も目の肥えた人々と、彼らの洗練された趣向を満たし、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70を超える国々で入手が可能です。現在のラインアップは、旗艦車・クアトロポルテ、マセラティ初の電動車となるハイブリッドを新たに設定することとなったスポーツセダン・ギブリ、そして、マセラティ初のSUVであるレヴァンテとなり、すべてのモデルに最高品質素材を使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。V6およびV8ガソリン、4気筒ハイブリッドおよびV6ディーゼルパワープラント、後輪駆動および4輪駆動を含む、全車種の威信は、強力な580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成される新しいトロフェオコレクションの導入によって、さらに強化されました。最高級の新型スーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティシリーズは3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルリアスコ(トリノ)のアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。新型スーパーカーMC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です