いまユーザーが売りたい車はどれ? MOTA車買取 査定依頼件数ランキング【2020年12月版】

新車の見積もりや値引き、中古車の買取査定、中古車の購入問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行うサイトを運営する株式会社MOTA(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤 大輔)は、2020年12月MOTA車買取の査定依頼件数の調査結果を発表した。

MOTA車買取 査定依頼件数ランキング 2020年12月版 調査概要

調査内容:MOTA車買取 査定依頼件数ランキング 、買取査定価格
測定期間:2020年12月1日(火)〜12月31日(木)
調査方法:自社ツール調査 株式会社MOTAが運営する自動車買取サービスでの車買取専門店、ディーラーへの査定依頼件数を集計
調査対象:測定期間中にMOTA車買取に掲載された車種
※株式会社MOTAが公表する全ての調査および集計結果は、株式会社MOTAが企画し、独自に調査・集計したものです。

  • 2020年12月MOTA車買取 買取査定価格ランキングTOP10

買取専門店、ディーラーに査定依頼の多かった車種はこちら(査定依頼件数順)

1位:トヨタ アルファード(先月3位)
2位:ホンダ N-BOX(先月17位)
3位:日産 セレナ(先月11位)
4位:マツダ CX-5(先月2位)
5位:トヨタ プリウス(先月1位)
6位:ホンダ オデッセイ(先月14位)
7位:トヨタ ヴェルファイア(先月5位)
8位:トヨタ ランドクルーザープラド(先月8位)
9位:トヨタ ハリアー(先月4位)
10位:ホンダ ステップワゴン(先月16位)

2020年12月のMOTA車買取 査定依頼件数ランキングTOP3の車種詳細は以下の通り

  • 1位:トヨタ アルファードの特徴・買取査定価格

トヨタの誇るフラッグシップミニバン。迫力満点の大柄なボディに、ラウンジのように高級感溢れる内装を組み合わせ、特別感の漂うことが人気の理由。「ヴェルファイア」とは基本設計は共通で、縦方向に長いデザインのフロントグリルが特長的。前方からの衝突を防ぐプリクラッシュブレーキのほか、ボディ各所に障害物センサーやカメラを搭載し、車庫入れや歩行者の多い道路の走行をサポートする。燃費の優れたハイブリッドモデルも設定する。

■発売月:最新モデル(3代目)2015年1月

■買取査定価格:~563万円

■全国のトヨタ アルファードの車買取 相場・実績一覧
https://autoc-one.jp/ullo/biddedCarList/ma34-mo1704/

■関連記事 過走行でも200万円は堅い!? アルファードの買取相場がエグいゾ
https://autoc-one.jp/toyota/alphard/special-5008107/

  • 2位:ホンダ N-BOXの特徴・買取査定価格

安全性、居住性、使い勝手の良さから超人気の軽ハイトワゴン。天井が高く広い車内は、左右独立にスライドできるリアシートと合わせて抜群の使い勝手を誇る。室内高は1400mmもあり、子どもが車内で立って着替えることもできる。全車に標準装備されている先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」も高性能で安心・安全性能の高さも人気の理由。子育て世代には特にオススメの1台。

■発売月:最新モデル(2代目)2017年9月

■買取査定価格:~149.8万円

■全国のホンダ N-BOXの車買取 相場・実績一覧
https://autoc-one.jp/ullo/biddedCarList/ma36-mo2255/

■関連記事 N-BOXの残価率は驚異の70%! 現行N-BOXの下取り相場を大暴露
https://autoc-one.jp/honda/n-box/special-5008455/

  • 3位:日産 セレナの特徴・買取査定価格

日産 セレナは2018~2019年でミニバン販売台数1位を獲得するなど人気のモデル。長時間の巡航や渋滞の際、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御し、運転者のストレスを軽減してくれる同一車線自動運転技術「プロパイロット」を搭載したことで話題となった。 また小排気量エンジンを発電にのみ使用し、モーターを動力源にする「e-POWER」搭載モデルも用意。燃費が優れるだけでなく、アクセルオフ時に強い回生ブレーキが効くため、アクセルのオン/オフだけで容易に速度調節ができるのが特長。全方位運転支援システムの搭載や、全車が「サポカーSワイド」該当車になっており安全性能が高いことも人気の理由だ。

■発売月:最新モデル(5代目)2016年8月

■買取査定価格:~240.2万円(税込)

■全国の日産 セレナの車買取 相場・実績一覧
https://autoc-one.jp/ullo/biddedCarList/ma35-mo1635/

■関連記事 高値はハイウェイスター&プロパイロット! 現行セレナの買取相場は?
https://autoc-one.jp/nissan/serena/special-5008383/

株式会社MOTAについて
1999年オートバイテル・ジャパンとして設立。新車見積もり仲介サービスを提供開始。 2009年のサイトリニューアル以降では自動車メディアサイトとしても展開。 新車、中古車、カー用品、自動車ニュース、車買取、カーリースと自動車に関するサービスを一貫して取り扱っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です