佐藤琢磨~インディ500 2度目の制覇そのすべて~ AUTO SPORT(オートスポーツ) No.1544 2021年1月15日号 12/25(金)発売!

株式会社三栄(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:星野邦久)は、2020年12月25日(金)に『AUTO SPORT(オートスポーツ) No.1544 2021年1月15日号』を発売いたしました。2017年に続く2度目のインディ500制覇の偉業を成し遂げた佐藤琢磨選手。今号では2度目の制覇までの軌跡を、臨場感溢れる写真、佐藤琢磨選手へのインタビューと共にご紹介いたします。また、この号では小林可夢偉以来7年ぶりの日本人 F1ドライバーとなった角田裕毅選手が表紙の特別付録Book in Bookがついています。

AUTO SPORT(オートスポーツ) No.1544 2021年1月15日号
▶三栄web:https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11665
▶三栄ebooks:https://3a.as-books.jp/books/info.php?no=AST20201225
▶Amazon:https://amzn.to/3qXqunt

  • 佐藤琢磨インディ5002勝目記念 特集その①『2勝目の愛機、凱旋につき』

琢磨選手が駆った2020年型DW12が来日! マシンのディティールを初公開します。意外と大径に見えるステアリング、ウインドウスクリーンの意匠など、じっくりと味わえること間違いなし!

  • 佐藤琢磨インディ5002勝目記念 特集その②『琢磨×次生 スペシャル対談』

本誌でもなかなか機会がないインディカーのスペシャル対談。今回はハイレベルなスーパーGTのなかでも屈指の知見を持つ松田次生選手をインタビュアーにお招きして、インディカーならではの特別対談を行なっていただきました。オーバルコースというシンプルなレイアウトに潜む、走り方、まとめ方の奥深さを余すことなく収録した12ページです!

  • 佐藤琢磨インディ5002勝目記念 特集その③『一眼レフとともに振り返る、熱狂さ』

無観客で開催された2020年。いつもであればいるはずの大観衆がいない寂しい年でしたが、コース上では話が別。テレビ中継とはまた違った臨場感、緊張感たっぷりのインディ500を写真とともに振り返ります。

  • 佐藤琢磨インディ5002勝目記念 特集その④『クラフトマンシップ ~レース編~』

インディ500を2度勝つためには何が必要なのか? そのヒントが、2020年インディ500のプラクティスからレースまでのセッションの流れのなかから垣間見える部分もありそうです。このページでは決勝200周のラップチャートとともにインディ500のセッションを振り返っていきます。

  • 佐藤琢磨インディ5002勝目記念 特集その⑤『クラフトマンシップ ~トロフィー編~』

モータースポーツ界ではもっとも精巧で巨大なトロフィーと言えるボルグ・ワーナー・トロフィー。このトロフィーには、歴代インディ500ウイナー全員の顔彫刻が純銀で刻まれています。琢磨選手にとって2度目となる、その彫刻の製作過程を取材しました。レースとはまた違ったクラフトマンシップのすごさ、精巧さをご堪能ください。

  • 【特別付録】Book in Book 最新情報満載68ページ!

日本人として7年ぶりのF1レギュラードライバーとなった角田裕毅選手が表紙の特別付録。本人のインタビューはもちろんのこと、ほかにも最新情報満載の読み応えがあるBook in Bookです。

GT500 ストーブリーグ開幕章最終戦を終え、早くも翌シーズンの3メーカー30席の争奪戦がニッサンを中心にヒートアップしているようです。なんと2020/21年シーズンのキーマンはまたしても松下信治選手⁉ その理由は誌面でご確認を!

F1への道を確実にした“いくつかの革新”
『角田裕毅選手、2021年F1参戦決定』その知らせが全世界に発表され、F1の公式SNSアカウントでも大々的に報じられました。では、角田選手のF1参戦が確定するまでのあいだ、レッドブル上層部とどのような話をしていたのでしょうか? 乞うご期待!

2021年3月へ向けた“最高の肩慣らし”
角田選手・佐藤万璃音選手を起用したアルファタウリは、12月15日にアブダビで行なわれたヤングドライバーズテストで250周を走破。とくに角田選手はセッションを通じて5番手のタイムを残すなど、印象的な内容でテストを終えました。その走り、内容をチーム関係者はどう評価したのでしょうか?

炎のなかで灯した“父親として、人としての責任”
F1第15戦バーレーンGPで壮絶なクラッシュを経験したロマン・グロージャンが、インタビューに応じてくれました。事故の瞬間の一部始終について、あますところなく掲載しています。九死を乗り越えたグロージャンが灯した“責任感”を、ぜひおたしかめください。

極寒のコンディションがもたらした、それぞれのドラマ
真冬のなか開催されたSF最終戦の模様を“現地直送”でお送りします。因縁のタイトル争い、若手の躍進など、現地で沸き起こったそのドラマに迫ります。

-詳細-
AUTO SPORT(オートスポーツ) No.1544 2021年1月15日号
発売:2020年12月25日(金)
特別定価:1650円 (特別本体価格1500円)

≪ご購入はこちらから≫
▶三栄web:https://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=11665
▶三栄ebooks:https://3a.as-books.jp/books/info.php?no=AST20201225
▶Amazon:https://amzn.to/3qXqunt

【auto sport web】https://www.as-web.jp/
auto sport web/オートスポーツwebは独自に取材したモータースポーツ関連記事、そして海外独自契約媒体の翻訳記事を中心としたモータースポーツ情報配信のプラットフォームメディアとして、全記事を無料で読むことができます。

2020年12月28日
株式会社 三栄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です