日産 GT-R 50 by Italdesign、720馬力の市販モデル…北京モーターショー2020出展へ!

ヤフーニュース・レスポンス引用

写真:日産 GT-R 50 by Italdesign の市販モデル

日産自動車の中国部門は9月7日、中国で9月26日に開幕する北京モーターショー2020に、日産『GT-R 50 by Italdesign』の市販モデルを出展すると発表した。

日産GT-R50 by Italdesignは、『GT-R』とイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に迎えた50周年を記念して共同開発したモデルで、50台を限定生産する。最新の『GT-R NISMO』をベースとし、ニスモで組み立てられた専用エンジンを搭載している。

◆3.8リットルV6ツインターボを120ps強化 3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボの「VR38DETT」エンジンは、ニスモがGT3で得たノウハウを生かして、手作業で組み立てる。最大出力は720ps、最大トルクは79.5kgmに引き上げられた。ベース車両のGT-R NISMOに対して、120ps、13kgmの強化となる。 GT3車両用の大容量・大口径のツインターボチャージャーと大型インタークーラーに加えて、耐久性の高いクランクシャフト・ピストン・コネクティングロット・ベアリング、高流量ピストンオイルジェットと大容量燃料噴射装置を採用し、カムシャフト、イグニションシステム、吸排気システムも改良した。強化デュアルクラッチシーケンシャル6速リアトランスアクスルと、より強化されたデファレンシャルとドライブシャフトが、4輪にパワーを伝える。 ビルシュタインの技術を採用して、新しいサスペンションシステムを開発した。フロント6ピストン、リア4ピストンのブレンボ製ブレーキには、赤いキャリパーを組み合わせる。タイヤサイズは、フロントが255/35R21、リアが285/30R21とした。

プロトタイプから見直されたデザイン GT-R50 by Italdesignのプロトタイプでは、フロントのほぼ車両の幅いっぱいに広がる個性的なゴールドのインナーパネルを採用していた。しかし、市販モデルでは、インナーパネルの色を、ゴールドからブラックに変更した。ボンネット上にはパワーバルジが鎮座し、シャープなLEDヘッドライトがホイールアーチから冷却用のインテーク上端へ向けて配されている。 サイドデザインは、ベース車より54mm低くしたルーフラインとした。ルーフの中央部を低く、外側を少し高くすることで、筋肉質な力強さを表現しているという。フロントフェンダーの特長的なエアアウトレットの「サムライブレード」は、ドア下方部からショルダーラインまで配された。プロトタイプでは、ゴールドカラーの嵌め込みが採用されていたが、市販モデルではブラックに変更された。 リアのデザインは、ホイール周りの頑丈で力強いフレアが、トレッドの広さを印象づける。ショルダーラインは、リアウィンドウ下部に向かってテーパーがかかっており、トランクリッドにつながる。リアウィンドウラインは、ベース車より長く、深くなっている。プロトタイプのリア部分は、ゴールド仕上げが施されていたが、市販モデルはブラックとなる。 GT-Rの特長の丸型テールライトは、空洞を囲む細いリングのようなデザインだ。このテールライトは、プロトタイプとは異なり、リアパネルとより一体感を持たせたデザインに見直された。リアバンパーも、一部をメッシュパターンに変更している。大型の可変式リアウイングを装備した。専用デザインのホイールは、フロント、リアともに 21インチサイズを装着している。

◆カーボンとアルカンターラを使用したインテリア インテリアはモダンで高性能な系譜を受け継ぎ、センターコンソール、インストパネル、ドアトリムに、カーボンファイバーとアルカンターラを使用した。シートの素材には黒のアルカンターラと、黒のイタリア製レザーを採用する。専用ステアリングホイールは、アルカンターラ仕上げで、12時の位置に赤いアクセントが添えられた。 50台が限定生産される日産GT-R50 by Italdesignの市販モデルには、世界中の顧客から強い関心が寄せられているという。日産GT-R50 by Italdesignの市販モデルは、各市場における認可手続きを経た後、2020年後半から2021年末に納車される予定だ。

レスポンス 森脇稔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です