【横浜初進出】ミニ専門店iR:イールが2店舗目となるミニ中古車専門店を横浜市都筑区に7月23日にオープン!

〜日本最大級の在庫数、販売数を誇るiRが横浜進出!〜

株式会社インフィックス(本社:東京都世田谷区、代表取締役CEO:綾部俊)は7月23日に、英国車ミニ中古車専門店「iR yokohama(イール横浜)」を横浜市都筑区にオープンします。同社は東京都世田谷区でミニ中古車専門店「iR setagaya(イール世田谷)」を運営しており、同店は販売店舗としては2店舗目となります。同社は1999年の創業時からローバーミニの販売を開始し、2010年よりBMWミニの取り扱いを開始。一貫してミニの販売に特化し、ROVERミニ、BMWミニの在庫数は両店合わせて150台以上となり、販売数においても全国でトップクラスのミニ専門店となります。また他社に先駆け、最近ではコロナウィルスによる外出自粛や遠方のお客様にもご利用いただけるよう、「リモートショールーム」と言うオンライン商談システムを導入するなど、Webサービスや最新のデバイスを駆使して販売台数を伸ばしています。

ターンテーブルを備えた撮影ブース

ターンテーブルを備えた撮影ブース

新旧150台以上のミニ在庫数は全国トップレベル

新旧150台以上のミニ在庫数は全国トップレベル

屋内ショールームには約10台の展示が可能

屋内ショールームには約10台の展示が可能【「Life with Mini」をコンセプトに!】
1959年の誕生から半世紀以上にわたり世界中で愛され続けてきたミニは、国や年代、性別、人種を超越した魅力を備えています。ミニ中古車専門店iR(イール)は、Life with Miniをコンセプトに、ミニと過ごす豊かなライフスタイルの提案を行ってまいりました。

iRのコンセプトである「Life with Mini」をエイジング加工されたレンガ壁面にレイアウト

iRのコンセプトである「Life with Mini」をエイジング加工されたレンガ壁面にレイアウトまたその世界観をショールームにも反映し、iR setagaya同様、デザイン会社ランドスケーププロダクツのディレクションによるショールームデザインを採用。無機質な車に対して有機的なウッドやファブリックを多用し、訪れたお客様がリラックスしてミニ選びが出来るようにと細部までこだわった造りとなっています。

​Webサイトにもその世界観を表現するために車輌の撮影スタジオをショールーム内に設け、ターンテーブルを備えた撮影ブースではプロ用の照明機材などを導入し、より広範囲に渡る画像や動画コンテンツの撮影が可能になりました。

iRの世界観を表現したWebサイト

iRの世界観を表現したWebサイト
【絶好のロケーション!】
同店は横浜市のベッドタウン港北ニュータウンの中心地にあり、近隣には大型商業施設やレクリエーション施設、また国産・輸入車ディーラーなどが隣接していて人の流れが非常に多いエリアとなっています。また最寄り駅(徒歩8分)であるセンター南駅は横浜市営地下鉄グリーンライン・ブルーラインの2線が乗り入れており、都心方面や横浜中心部などからのアクセスも良好で、土日にはお買い物のついでに立ち寄ることも可能です。
なお「iR yokohama」での初年度の販売台数は300台を見込んでいます。

iR yokohama ショールーム

iR yokohama ショールーム


■新店舗概要
店舗名:iR yokohama (iR横浜)
住所:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央59-2
電話:045-941-3232
URL:https://ir-japan.net
営業時間:10:00〜19:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

■会社概要
会社名:株式会社インフィックス infix&Co.
所在地:東京都世田谷区上野毛4-39-7
代表者:代表取締役CEO 綾部 俊
電話番号:03-5754-8811
資本金:1000万円
設立:平成11年1月11日
URL:https://infixltd.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です