世界最大級のヴァーチャル耐久レース『ル・マン24時間ヴァーチャル』 大会史上初の試みを生中継 & LIVE配信 決定!

~更にル・マンロスをオーバーテイクする特別番組も放送/配信!~ 現役F1ドライバー、元F1世界王者 超豪華なドライバーラインアップ!

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、代表取締役社長 木下伸 以下「J SPORTS」 ※1)は、6月13日(土)、14日(日)に開催される世界最大級のヴァーチャル耐久レース『ル・マン24時間ヴァーチャル』の生中継を決定いたしました。またPC、スマホ、タブレットで見られる「J SPORTSオンデマンド ※2」でも放送同様にLIVE配信いたします。 世界三大レースのひとつに数えられるル・マン24時間レースは、当初6月13~14日に決勝レースが開催される予定でしたが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受けて、9月19~20日に延期されました。これを受け、本来決勝レースが開催されるはずだった2日間にレーシングシミュレーターを用いたヴァーチャル耐久レースが大会史上初めて開催されることになりました。

今大会には計50チームがエントリーをしており、F1からGTカー、ツーリングカーなど、様々なレースカテゴリーのドライバーが世界各国から参戦します。日本からはトヨタ・ガズー・レーシングが2台をエントリーし、小林可夢偉選手や山下健太選手などが参戦します。その他にもマックス・フェルスタッペン選手、ランド・ノリス選手、ピエール・ガスリー選手といった普段は本戦に参戦していない現役F1ドライバーや元F1世界王者のジェンソン・バトン選手、フェルナンド・アロンソ選手などといった日本でもお馴染みの超豪華な顔ぶれが揃い、大きな話題を呼んでいます。

FIA世界耐久選手権を全戦放送するJ SPORTSは、世界中から注目を集めるこの大会の模様をスタートとゴールの2部に分け、生中継/LIVE配信にてお届けいたします。番組ゲストにはル・マン24時間レース連覇中の中嶋一貴選手(トヨタ・ガズー・レーシング)と脇阪寿一氏を迎え、ドライバーならではの視点でヴァーチャルレースを解説いたします。壮大な規模で開催される史上初の試みをぜひJ SPORTSとJ SPORTSオンデマンドでお楽しみください。

また6月13日(土)よりル・マン24時間レースの開催を待ちわびるモータースポーツファンに向けて、“ル・マンロスをオーバーテイク!”と題した過去の名勝負特選やトーク番組を放送/配信いたします。こちらも合わせてご視聴ください。

【実況】ピエール北川 【解説】高橋二朗 【ゲスト】中嶋一貴、脇阪寿一 【レポーター】井澤エイミー
※放送/配信の内容は変更となる可能性がございます。詳しくは番組サイトをご確認ください。 https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

※放送/配信の内容は変更となる可能性がございます。詳しくは番組サイトをご確認ください。
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

昨年映画化され、大きな話題を呼んだ1966年大会のフォードとフェラーリ 対決。熱戦が当時の貴重な映像で現代によみがえる。

昨年映画化され、大きな話題を呼んだ1966年大会のフォードとフェラーリ 対決。熱戦が当時の貴重な映像で現代によみがえる。

記憶に新しい、トヨタ ラスト1周の悲劇。ル・マンの厳しさを世に知らしめた瞬間を今一度振り返る。

記憶に新しい、トヨタ ラスト1周の悲劇。ル・マンの厳しさを世に知らしめた瞬間を今一度振り返る。

■詳しくは J SPORTS モータースポーツ特集サイトをチェック!https://www.jsports.co.jp/motor/
■『J SPORTS モータースポーツ公式ツイッター』 でも情報を随時発信中! @jsports_motor
・ル・マン24時間ヴァーチャルレースは開催当日にハイライト動画を公式ツイッターにて配信いたします。


※1 J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー!)で約630万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ
局です。
※2 J SPORTSオンデマンドは有料サービスとなります。詳細は、「J SPORTS オンデマンド」で検索ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です