高級スポーツカーを運転すると免疫力がアップする!?

ジョギングより安全!? 低リスクの「コロナ疲れ」解消法   (修正後、再掲載)

自粛ストレスで問合せ急増!「解禁後すぐに乗りたい」自粛明け待ち組も。

【※本リリースは医師による監修を受けています】
これまではストレス解消のための外出・ジョギングなら問題ないとされていましたが、英紙『デイリー・メール』によればジョギングにも感染リスクがあることが判明。「ジョギングできるくらい元気でも、実は感染している」京大 山中伸弥教授。またカナダの研究で、高級スポーツカーを運転すると免疫力がアップすることが分かっています。健康維持と感染対策の両面から、当社のスーパースポーツカー専門 “プレミアム”カーシェアサービスなら、長期化も予想される自粛ストレスを三密を避け効果的に解消できる(※)ことが分かりました。
※ただし乗車前手指消毒と、車内でのドライビンググローブ(除菌済み)・マスク着用。食事などはあらかじめご自分でご準備いただき、県外ではお店などに寄らず、外部の人と一切接触しない、「ドライブオンリー」が貸出の条件。
(修正後、再掲載)

海沿いをオープンで駆けるフェラーリ。新車価格4500万円。海沿いをオープンで駆けるフェラーリ。新車価格4500万円。

2020年3月19日発表の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議によれば、不要不急の外出は控える必要があるが「健康維持やストレスを減らすための外出なら問題ない」(※)とされています。また「新型コロナウイルス感染症対策の見解」では「ジョギング(中略)などは、感染のリスクが低い活動」とも。しかし英紙『デイリー・メール』によれば、ジョギングにもリスクがあることが判明(※)。京都大学iPS細胞研究所所長である山中伸弥教授も「ジョギングできるくらい元気でも、実は感染している」可能性を指摘(※)。「公共交通機関での移動に比べると、クルマ(自家用車)での移動はリスクが低い」(※)だけでなく、海や山など人の少ないところへのドライブだけであれば「三密」を避けながら自粛ストレス解消可能。またカナダの大学での研究で、高級スポーツカーを運転すると免疫力がアップするホルモンが分泌されることが分かっています。(※)「リスクを減らしながらも自粛ストレスを解消したい」そんなニーズにも当サービスは最適と判明しました。

 

くるまのニュース「『ストレス溜まる…』外出自粛要請の中、クルマでの外出はNG? 感染リスク避ける方法とは」、FNNonline「運動不足によるジョギング増加に潜む新型コロナウイルスの危険 間隔2メートルでは不十分?」、Football ZONE web「ジョギングもNG? 2m後方でコロナ感染、英『恐怖シミュレーション』にサッカー界も衝撃」、読売新聞(ヨミドクター)「ポルシェで男性ホルモン『アップ』」、朝日新聞デジタル「体調不良、ほてり…男性も更年期障害、ホルモン減が影響」、山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信より

いま、適切な制限の強さが社会に求められている。「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」より転載いま、適切な制限の強さが社会に求められている。「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」より転載

Road-legal™とは?
「持てない」から「持たない」時代へ。
日本初(※)のスーパースポーツカー専門、「わ」「れ」ナンバーじゃない、”プレミアム”カーシェアリングサービス。※自社調べ

https://www.road-legal.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です