写真家・熱田 護氏による27年間のF1の記憶をまとめた写真集『500GP』を2019年12月19日(木)に発売!

アイルトン・セナからマックス・フェルスタッペンまで1987年から27年間のF1の記憶。熱田 護写真集『500GP』を12月19日(木)に発売

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、写真家・熱田 護氏による、27年間のF1の記憶をまとめた写真集『500GP』を2019年12月19日(木)に発売いたします。

 

 

■F1全盛期の1987年から2019年までの500戦の記憶が詰まっている
熱田さんは1987年からF1グランプリで行われるすべてのレースの撮影を始めました。そこから2019年までの27年間。撮影したレースは実に500戦。さまざまな変遷を経て変わってきたF1マシン、ドライバーのすべてを撮影してきました。この写真集は500戦の膨大な写真の中から、200点に厳選した記憶に残る写真で構成しています。

■アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハ、佐藤琢磨など人気ドライバーとの想い出
熱田さんはアイルトン・セナに魅せられてF1の撮影にのめりこんでいきます。そのアイルトン・セナを撮影しているときに一番記憶に残っているのが1993年のブラジルGP。雨の中を駆け抜けるセナの姿を見て感じたこと。撮影中のミスでミハエル・シューマッハに怒られてしまったこと。見ていた人に強烈な印象を残した2007年のスパーアグリでの佐藤琢磨の活躍。ほかにも片山右京やキミ・ライコネンなど、10人のドライバーへの想い出がつづられています。

 

 

■写真とともにF1の想い出を語れるデータも満載
巻末には写真集の中に掲載されている写真の撮影データとともに「撮影年」「グランプリ名」「ドライバー名」を記載しております。年代やドライバーが分かることで、写真を見ながらの想い出話で盛り上がること間違いなしです。写真集の中には、幻に終わったホンダF1(RA099)を駆るヨス・フェルスタッペン、トロロッソカラーのレーシングスーツをまとう佐藤琢磨など、貴重な写真も収められています。

 

 

■ページイメージ

 

 

 

 

■書籍の詳細

 

 

書名:500GP
著者:熱田 護
発売日:2019年12月19日(木)
ページ数:224ページ(オールカラー)
サイズ:A4正寸判
価格:本体4,545円+税

◇Amazonの書籍情報ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4295008168/
◇インプレスの書籍情報ページ:https://book.impress.co.jp/books/1119101124

■著者プロフィール
あつた まもる:1963年三重県鈴鹿市生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。85年ヴェガインターナショナルに入社。坪内隆直氏に師事し、2輪世界GPを転戦。92年よりフリーランスとしてF1をはじめとするモータースポーツや市販車の撮影を行う。
日本レース写真家協会(JRPA)会員、日本スポーツ写真協会(JSPA)会員

【株式会社インプレス】 https://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメデイア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です