日産自動車(株)座間事業所「日産ヘリテージコレクション」往年の名車を特別見学。

世界遺産車【ダットサン・プリンス・日産】ガレージに往年の名車が集結、懐かしいあの車も!

日産自動車(株)座間事業所にて2019年9月29日「日産ヘリテージコレクション」見学会を初企画!

通常は予約制となっており、クルマ好きの方はもちろん、あまり車には詳しくないと言う方もお楽しみ頂けるよう、ガイド付きのツアーを今回なんと、予約不要の見学会を開催!入場はフリーで駐車場も完備!

 

 

スカイラインGT-R「通称ハコスカGT-R」は、今では日本の宝!オークションでの価格は1000万円超は当たり前、それでも愛し続けるオーナー達は手放す事は無いと言います。

まさに名車の証です。

 



 

スカイライン2000GT-R(KGC110)ケンメリの愛称で呼ばれていますが、生産台数197台という中でも、わずか7台しかない赤のボディカラー。某オークションでは、なんと1億円前後で落札と言われています。

特に海外では、GT-Rは神と言われるほど人気が高い存在です。

 

 

 

スカイラインR30は、ポールニューマンをCMに起用!

もともとポールニューマンは俳優のかたわら、ニッサンのバックアップでアメリカのIMSAレースでフェアレディZ130でレースをしていたので、ニッサン(DATSAN)とのつながりもあったからです。ル・マンでも優勝した強者です。

 

 

 

 

テレビの人気番組、西部警察は本当に懐かしいですね。

この頃からターボ車の人気が高まり、高級車から1000㏄クラスまでもが、ターボ時代へと!

 

 

セブンス・スカイライン(R31)、パワーユニットはRB20、HICASを搭載したラグジュアリーなクルマへとして登場!

 

 

 

バブル期に登場したスカイラインR32(タイプM)は、「走る・曲がる・止まる」の三拍子揃った扱いやすいクルマでした。

 

 

ハコスカGT-Rから、かなりの時間を要し満を持して登場したスカイラインR32GT-R!レースに勝つために生まれてきたR32GT-Rのデビューは、日本にとどまらず世界に衝撃を与えました!

 

 

RB26エンジンにツインターボ!当時280馬力は驚異的なマシーン!

GT-Rが戦闘能力の高いマシーンに進化し世界を暴れまくった時、日産ファンの喜ぶ姿は今でも記憶に残っています。

 

 

R32GT-Rから引継ぎ、どんどん進化していくスカイラインR33GT-R!

 

 

ハコスカGT-Rにセダンがあった様に、R33GT-Rにも4ドアセダンが登場!

 

 

スカイラインR34GT-Rは、スカイラインのネーミングが最後となった34GT-Rですが、現在その人気と価格が上昇中です。

パワーユニットはRB26(直6)

 

 

可愛らしいマーチ!

 

 

 

グロリア スーパーデラックス

存在感といい、当時のスタイリングに惚れ惚れします。

 

 

 

 

セドリック/グロリアは、日本の高級車の代名詞!

 

 

 

プレジデントは、日産の最高級セダン!存在感は半端ないです。

 

 

インフィニティブランドとしてスタートした、Q45は”あの大リーガーのイチロウ”さんも乗っていたお気に入りの愛車です。

 

 

フェアレディZは、売れに売れた世界を代表するスポーツカー!

S30・S130は、特にアメリカで爆発的に売れていました。Zの生みの親である ”ミスターK” 故 片山豊氏(アメリカ日産の社長)は、今でもZファンに愛され続けています。

 

 

 

 

 

 

 

フェアレディZの最高峰、240ZG

 

 

Zのパトカーにロックオンされたら、もう逃げられませんよ!

 

 

 

日産サニーは、座間工場で生産されていたと言うNISSANを代表するファミリーカー、余計なものが付いていない軽くて扱いやすいクルマでした。

 

 

B110サニーは、レースの登竜門として多くの若者に愛されてきました。中でもGX-5(MT5速)は人気車!

 

 

サニートラックも、今でもマニアックな若者に人気。

 

 

チェリーも忘れてはならないです。

サニーはFR、チェリーはFFどちらを選ぶか?

 

 

初代のシルビアは、今でもマニアに人気があります。

 

 

日産はトラックもクリッパーやダットサントラックなど、生産していたんですね。

 

 

ブルーバードも、セダンが主流だった時代ファミリーカーとして、かなりの人気が。。。

 

 

NXクーペ1.5タイプB、今では希少なクルマです、なんとなく遊び心がありますね。

 

 

 

パルサーGTI-R、スポーティーで4WDどちらかというとオフロードに適しているマシーンですね。

 

 

初代キューブも忘れてはならない存在です。

 

 

パルサーエクサ(EXA)コンバーチブル!

28年前に100台しか生産されていない希少車種です。

 

 

 

パルサーエクサキャノピー!

当時は、遊び心がある面白いデザインとして注目されました。

 

 

Be-1が登場した時のプレミアがなんと販売価格+100万円と言うから驚き!予約しておけば100万儲かったのにな?そんな声が聞こえてきた事も?

 

 

エスカルゴも、2匹目のドジョウと言う事で投入されましたがBe-1に匹敵するほどでは?

でも可愛らしさが受けて、お店の看板車として人気がありました。

 

 

ラシーンも遊び心があり、人気のマシーン”そうラシーン”と親父ギャグも流行?

 

 

フィガロは、1000㏄にターボをドッキング!とても可愛らしいと女性からも人気が。。。

 

 

ダットサン・プリンス・ニッサンのレジェンド軍団!

 

 

昭和の時代に、まるでタイムスリップしたような気分に?

 

 

 

 

 

 

名車DATSANフェアレディSP/SR311は、本当にカッコイイですね。

往年のドライバーに人気があり、わざわざ逆輸入車の左ハンドルを購入される方も。

 

 

ピッカピカですね。

 

 

 

 

 

セドリック スペシャル

これはこれは、なんと昭和のオリンピックの聖火車?!

 

 

 

 

 

 

GT-Rだけがスカイラインではありませんよ、2000GT や2000GT-Xも人気がありました。

 

 

これは凄い!日本選手団がブルーバードに寄せ書き?

 

 

 

プリンス・スカイライン!

まさに羊の皮を被った狼!日本GPでの死闘、プリンス・スカイライン×ポルシェとの優勝争い、今では伝説となって語り継がれています。

 

 

 

 

復活した「ダットサン ベビィ」

 

 

ここからは、クラシカルな「ダットサン・プリンス・ニッサン」の名車が勢揃い!

 

 

 

プリンス スカイウェイ

 

 

 

ダットサン ブルーバード1200 ファンシーデラックス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧車・クラッシックカー・ビンテージカー好きにはたまらないイベントを、今後も継続してほしいですね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です