日産自動車(株)座間事業所「日産ヘリテージコレクション」9月29日に見学会を開催!

【レーシングカー編】ガレージに往年の名車やニスモのマシーンが300台 集結!

日産自動車(株)座間事業所にて2019年9月29日「日産ヘリテージコレクション」見学会を初企画!

通常は予約制となっており、クルマ好きの方はもちろん、あまり車には詳しくないと言う方もお楽しみ頂けるよう、ガイド付きのツアーを今回なんと、予約不要の見学会を開催!入場はフリーで駐車場も完備!ニスモのマシーンのエンジン始動の企画も。

 

 

見学会入り口は意外とシンプルですが、中に入ってのお楽しみ!

 

 

Z33のGTカー軍!ザナビィのカーナンバー1号車は、チャンピオンの証!

 

 

R35GTRは、日本ではSUPER GTで活躍中ですが、世界でもインターナショナルGT選手権でミハイル・クルムがチャンピオンに輝くなど栄光を残してきたGTR。

 

 

 

NISSAN R380~R382のまさにレジェンド軍!

 

 

バブルの時代に好成績を残した、日本最高峰の日産Cカーは本当に速かったです、多くのプライベートチームも加わりチャンピオン争いも繰り広げていました。

 

 

これだけのCカーを目の前で見られるとは、レースファン、日産ファンにとっては最高です。

 

 

 

 

デイトナ24時間レースで星野一義さん、長谷見昌弘さん、鈴木利男さんが日本人、日本車で総合優勝したシーンが忘れられません。

 

 

ルマン プロトタイプのR390GT-1

 

 

 

 

ニスモのレーシングカーのよるエンジン始動!NP35と240ZGが用意されました。

エンジンに火が入った瞬間に、多くのファンがスマホ、カメラ片手にパシャリ!大きな歓声と拍手が!!

 

 

 

マッチこと近藤真彦さんのマーチ!富士のフレッシュマンレースでデビューした時、こんなに若いギャルたちが富士に集結するとは、そんな雰囲気と警備が凄かったと記憶しております。

 

 

スーパーシルエットは、当時かなりの人気があり、このド迫力のグラマラスなボディ!日本一速い男、星野一義さんのシルビア。

 

 

セントラル20の代表、柳田春人さんブルーバード・スーパーシルエット。

 

 

長谷見昌弘さんのスカイラインDR30(通称鉄仮面)

 

 

ハコスカGTRからR32がやっとGTRのネーミングが付けられるようになるまでは、多くの年月を要し、速すぎるR32としてバブル期の富士インターテックを最後にGr-Aは消滅しました。ここでも星野・長谷見・鈴木利男さんが活躍しています。

 

 

スカイラインR31GTS-R

 

 

海外のレースでも、長谷見昌弘さんが、スパで優勝するなどR32の戦闘能力の高さがひかります。

 

 

R33GTRで、ワークス体制で臨んだルマン

 

 

R34GTRペンズオイルは速いと言うより、強いと言われました。

 

 

R34はチャンピオンの証である、1号車を手に入れる事に。

エリック コマスは本当に素晴らしいドライバーでした。

 

 

 

 

JTCCやヨーロッパツーリングカー選手権で活躍したプリメーラ。

 

 

歴史に残る、1963年第1回日本GP優勝のフェアレディ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化け物みたいなマシーンR380~は、TOYOTA7などと、日本の高度成長期レースを盛り上げていました。

 

 

 

 

B110サニーは、フレッシュマンレースや富士グランチャンピオンレース(通称グラチャン)マイナーツーリングで大活躍!旧富士の最終コーナー出口でOHVでは考えられないほどエンジンは回っていました。

 

 

 

 

FFのチェリーも忘れてはならない存在です。

 

 

 

日産のラリーカーも強かった時代があります。

サファリラリーではフェアレディ、ブルーバード、バイオレットが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄すぎるニッサンの名車、「日産ヘリテージコレクション」は今後も継続していただきたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です