ロールス・ロイス・モーター・カーズ 世界35台限定の「シルバー・ゴースト・コレクション」を国内初披露

ロールス・ロイス・モーター・カーズ 世界35台限定の「シルバー・ゴースト・コレクション」を国内初披露

ロールス・ロイス・モーター・カーズは自動車の歴史を変えた1台の車へのオマージュとして、ロールス・ロイス ゴーストの35台限定のコレクション「シルバー・ゴースト・コレクション」を1台日本に導入することになりました。

 

 

 2019年2月19日、東京

・1907年型「シルバー・ゴースト」へのオマージュ、限定35台ビスポーク・ゴースト・コレクションの1台を日本初公開
・英アッセイ・オフィスがコレクションの系譜の正当性を証明する「AX201」および「RR」ホールマークを特別製造
・100%純銀粒子を手塗で描いたコーチライン
・スピリット・オブ・エクスタシーのベースに『シルバー・ゴースト』のエンジンベイを想起させる銅細工入り

ロールス・ロイス・モーター・カーズは自動車の歴史を変えた1台の車へのオマージュとして、ロールス・ロイス ゴーストの35台限定のコレクション「シルバー・ゴースト・コレクション」を1台日本に導入することになりました。2月18日、都内の特別会場で開催されたお披露目会にて、「シルバー・ゴースト・コレクション」がアンベールされ、優美な姿に会場は感嘆のため息で埋め尽くされました。

来日した、ロールス・ロイス・モーター・カーズ取締役社長のトルステン・ミュラー・エトヴェシュは次のように述べています。「『シルバー・ゴースト・コレクション』の開発は、当社創業者らの優れた業績への敬意を表すものです。ロールス・ロイス・ビスポーク・チームはオリジナル『シルバー・ゴースト』の豊かな物語を巧みに織り込み、現代のオマージュを創造しました。今日、当社の製作スタッフ・技師らはこの卓越した遺産を受け継ぎつつ、あらたなラグジュアリーを定義する比類のない車を生産しています。ロールス・ロイスとの歴史が長い国である日本でお披露目できることを大変うれしく思っています。」

1904年、成功への意欲が、才能にあふれた起業家、果敢なエンジニアをひとつに結びつけました。3年後、彼らの成功はメディアを通じ世界に認められることになります。チャールズ・ロールズとクロード・ジョンソンがサー・ヘンリー・ロイスの「シルバー・ゴースト」で、当時前例のない連続走行距離の新記録1万4,371マイルを達成しました。この果敢な挑戦は、自動車とラグジュアリーの新たな歴史を創造し、その卓越した性能は世界的なベンチマークとなりました。

バーカー社製4~5人乗りツーリングボディーに、製造順12番目の40/50HP型車のシャシーが採用された車輛は、当時のロールス・ロイスの性能を最大限に活かすものとして瞬く間に認められました。ジョンソンは、空気のように静かに走行し、銀色の備品と塗装を施したこの高性能車を、「シルバー・ゴースト」と命名し、過酷な性能試験を繰り返し行いました。

この優れたエンジニアリングの業績を称え、2018年型のビスポーク・ゴーストの特別コレクションがロールス・ロイス本社(英国ウェスト・サセックス州グッドウッド)において生産されました。



ロールス・ロイスの「シルバー・ゴースト・コレクション」

1911年以来、ロールス・ロイスの伝統を担ってきた純銀製ミューズ、「スピリット・オブ・エクスタシー」。各ミューズの足元には、名誉の称号として、オリジナルバージョン「シルバー・ゴースト」のナンバープレートAX201をデザインした特製ホールマークが、英アッセイ・オフィスにより刻印されます。また、AX201のホールマークとともに、金属純度印とロールス・ロイスの名を冠したユニークなロゴ「RR」の第2のホールマーク、アッセイ・オフィスのタウンマークが、アッセイ・オフィスの証印としての役割を果たし、伝統の正当な後継者であることを示しています。

「スピリット・オブ・エクスタシー」のベースにデザインされたブラック・ゴールドのカラーも、本コレクションのアイデンティティーのひとつです。内部に埋め込まれた銅は、オリジナルバージョン「シルバー・ゴースト」のエンジンベイに広く使用されていたものに因んだものです。

エクステリアは、寒暖双方のトーンを取り入れています。特注複合銀塗装カシオペアシルバーの色合いは、オリジナルコレクションを再現しています。塗装職人が手作業で8時間かけて仕上げた特注コーチラインは、純銀の微粒子が塗り込められ、本コレクションのルーツをさらに明確に示しています。

フロントには、「シルバー・ゴースト」の特徴的な黒いグリルを模し、周りのカシオペアシルバーの背景に「SILVER GHOST – SINCE 1907」の文字が刻まれています。完璧に磨き込まれたホイールの中心は、オリジナルの細部を再現したものです。

コーチドアを開くとあらわれる、フォレストグリーンの特製レザーのアクセントは、オリジナルのインテリア・カラースキームを思い起こさせることでしょう。また、新たにデザインされた、先端に銀をあしらったレザーを初めて採用。フロント/リアドアパニエに取り入れました。さらに、銀製の上張りをダッシュボードとドアキャピングのオープンポアウッドに組み込み、中央にシルバーを施すことで、「シルバー・ゴースト」の偉大な伝統を表現しています。

装備された時計も、「シルバー・ゴースト」の伝統を物語るものです。銀塊をイメージし、「Silver Ghost Since 1907」という文字が刻まれているほか、ピーニング処理され装飾的な表面を有する純銀製ケースは、オリジナルの文字盤を思い起こさせます。

トレッドプレートには、「Silver Ghost Collection – One of Thirty-Five (シルバー・ゴースト・コレクション–35台の中の1台)」という文字が刻まれ、限定生産車であることを証明します。各車のドアに格納されたロールス・ロイス製の傘は端部が銀色に縁どられ、そのユニークな由来を示す刻印が先端に記されたチューダーオーク製持ち手が付いています。

持ち物は特注セントラルコンソールに収納でき、コンテンポラリーツーリングに最適です。「シルバー・ゴースト」のスピード感を体現したクリーンかつモダンな流線型の「シルバー・ゴースト」ペンに加え、時計・サングラス・アクセサリー・ケースを備えています。

最後に、希少なコレクターアイテム、シルバー・ゴースト・ハンパーは、ビスポーク・デザインと最高のクラフトマンシップの融合を見事に示し、アルフレスコ・ダイニングを極めたロールス・ロイスに対するロマンティックなコンセプトを保ち続けていくことでしょう。

追加情報:

当社メディア・ウェブサイトPressClubでは、すべてのプレス・リリースとプレス・キットに加え、幅広く取りそろえられた高解像度のダウンロード可能な写真とビデオ・フィルムがご覧いただけます。
なお、TwitterやInstagramでもロールス・ロイス・モーター・カーズのコミュニケーション・チームに連絡を取ることができます。(リンクはすべて英語サイトとなります。ご了承ください。)

ロールス・ロイス・モーター・カーズ

http://www.rolls-roycemotorcars-cornes.jp/




ミライノカード GOLD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です