『日産GT-R50 by イタルデザイン』世界限定50台!日本でも購入可能!!

10月15日から東京・銀座「NISSAN CROSSING(日産クロッシング)」において公開された『GT-R50 by イタルデザイン』これまで欧州や北米などでお披露目され、日本でもすでにイベントで非公式に公開されていましたが、日本における公式な展示は今回が初めて!

 

 

日産 GT-Rのプロトタイプカー「Nissan GT-R50 by Italdesign」。GT-Rとイタルデザイン社の50周年を記念して、GT-R NISMO 2018年モデルをベースに開発された同モデルは、開発、設計、製造をイタルデザインが手がけ、内装・外装デザインは、ロンドンの日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当。

 

 

価格は約90万ユーロ(約1億1700万円)から。50台以下がイタルデザイン社で少量生産される見込み。内外装の仕立てなどはユーザーの好みに合わせ個別にオーダーすることも出来る。

 

 

最新のGT-R NISMOをベースに、欧州スタイルの感性でつくりあげられた「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、力強さにイタリアならではのクラフトマンシップとテイラーメイドが組み合わされている。

 

 

そのデザインは、ベース車を最大120PSも上回る特別なパワートレインとアップグレードしたシャシーやドライブトレインが実現する高性能に裏打ちされる。

 

 

 

「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、デザインだけでなく、さらなるパフォーマンスも追及した。GT3での経験を活かしてニスモで手作業によって組み立てられる3.8リッターV6 VR38DETTエンジンは、最高出力720ps、最大トルク780 N・mを発生する見込み。またこのパワーに対応するため、新しいビルシュタイン製サスペンションとブレンボ製ブレーキを採用した

 

 

Nissan GT-R50 by Italdesignは日産とイタルデザイン両社のコラボレーションの結果として誕生したクルマ。
「GT-R誕生50周年」「イタルデザイン創立50周年」という「50年つながり」で実現した企画だとアナウンスされています。

 

 

ベースはR35 GT-R、デザインは日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカによるもの。
イタルデザインは実際の設計や開発、製造を担当したとされ、となると今回「販売」されるとなるとNissan GT-R50 by Italdesignは「イタリア車」ということに。

 

 

ベースモデル:NISSAN GT-R NISMO

ボディサイズ:全長4784ミリ(4690)、全幅1992ミリ(1895)、全高1316ミリ(1370)※カッコ内はNISSAN GT-R NISMOの数字

エンジン:ニスモ製3.8リッターVR38DETT

出力:720馬力@7200rpm

ドライブトレイン:フロントエンジン/リアトランスアクスル4WD

トランスミッション」強化デュアルクラッチ6速シーケンシャルギヤボックス

サスペンション:Bilstein(ビルシュタイン) DampTronic

ブレーキ:ブレンボ製2ピースフローティングディスク(F:39.ミリ/R:380ミリ)/フロント6ピストン、リヤ4ピストン

ホイール:フロント21*10J リヤ21*10.5J

タイヤ:ミシュラン・パイロットスポーツ

タイヤサイズ:フロント225/35R21、リヤ285/30R21

 

 

日産によるスペシャルコンテンツもオープンしており、登録するとさらなる情報を入手できるようです。

詳しくはこちら↓

https://www.gt-r50.nissan/#/en

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です