2018 AUTOBACS SUPER GT第2戦「FUJI GT 500km RACE」の決勝レースが富士スピードウェイ! 決勝GT500:総合力を発揮してMOTUL AUTECH GT-Rが逆転優勝を飾る!!

5月4日午後、2018 AUTOBACS SUPER GT第2戦「FUJI GT 500km RACE」の決勝レースが富士スピードウェイ(静岡県)で行なわれた。予選3位のNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が、チームの総合力を見せて逆転優勝。GT300クラスはNo.55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー)がポール・トゥ・ウインを決めた。松田次生と高木真一は自身の持つ、クラス最多勝を更新した。SUPER GT引用

 

■序盤のトップ争いはMOTUL AUTECH GT-R対DENSO KOBELCO SARD LC500 ! 予選日は霧によってスケジュールの変更を余儀なくされたが、決勝日の5月4日は、爽やかな青空が広がる好天に恵まれた富士スピードウェイ。気温は少し涼しく、風も強かったものの、観戦には過ごしやすい一日となった。決勝レースを前に行われる20分間のウォームアップセッションは、前日の公式練習がわずか30分に短縮されたため、25分延長された。

 

 

 

 

 

 

■GT500デビューの39号車・坪井がトップを守るもピットで23号車が逆転!37周まで引っ張り、ピットへ戻りドライバー交代を終えたNo.39 DENSO KOBELCO SARD LC500(坪井翔)は、2スティント目もトップを快走。GT500クラス・ルーキーとは思えない見事な走りで、バックマーカーを次々にパス。ラップタイムでもそん色ない走りを展開。2番手のNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生)と5秒〜7秒のギャップを保ちつつ、75周まで38周を走り切って再びヘイキ・コバライネンにDENSO KOBELCO SARD LC500を手渡した。

 

39号車がピットへ戻った翌周、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rが2回目のピットへ。ピットではNISMOのメカニックたちが素早いピットワークを行って、再びステアリングを握ったロニー・クインタレッリを、39号車の前にコースに戻すことに成功する。23号車のクインタレッリはコースに出るとプッシュを続け、79周目には1分30秒460のファステストラップを出し、80周目には1分30秒864と1分30秒台を連発。これには39号車もついては行けず、少し離されていく。そしてギャップは最大14秒まで拡がった。終盤、23号車はペースを調整しながら、余裕のトップチェッカー。

 

 

500kmの長丁場を制したNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは、昨年の最終戦以来の2戦ぶりの優勝。富士では2年ぶりの優勝となった。松田次生は最多勝利数記録を20に伸ばし、ロニー・クインタレッリも通算14勝目を飾った。2位はNo.39 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン/坪井 翔)。坪井翔にとっては、GT500初レースで表彰台に上ることになった。3位には、ポールポジションからスタートしたNo.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)が入った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です