2018年 第4戦アゼルバイジャンGPではメルセデスF1とルイス・ハミルトンがようやく今季初優勝

「ルイス・ハミルトン」今日のレースはクレージーでエキサイティングな展開になっていたから、諦めることなく走っていた。常にプッシュしていたが、本当に厳しかった。今日勝利を手にできたことを、心から感謝している。F1速報引用

 

 

(今日は勝ったが)フェラーリのマシンの方が優れているという事実は変わらない。週末のほとんどの時間、彼らの方がパフォーマンスが上だった。決勝では僕らはついていくのが精いっぱいだった。僕らが課題を抱えているのは間違いない。それでもライバルと戦えているのはいいことだし、これからかなり接戦になるだろう。努力し続けるよ。

 

2018年F1第4戦アゼルバイジャンGP  3位表彰台を獲得したセルジオ・ペレス

 

まず始まりは1周目のアクシデントだった。ウイリアムズの1台(セルゲイ・シロトキン)に背後からヒットされ、押し出されるようにキミ(・ライコネン)のクルマに当たってフロントウイングを壊し、ピットインを余儀なくされた。そうして最後尾まで落ちた上に、5秒のタイムペナルティも科せられた。

 

アクシデントを抱えながらのレースで、結果をのこしたセルジオ・ペレスの走りは素晴らしい!今後のレースに期待したいものだ。一方期待のトロロッソホンダは、10位・12位と結果を残せなかったが、まだシーズンは始まったばかり、今後のレースに期待!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です