SUPER GT第7戦「AUTOPOLIS GT 300km RACE」の決勝

10月21日午後、2018 AUTOBACS SUPER GT第7戦「AUTOPOLIS GT 300km RACE」の決勝レースがオートポリス(大分県)で行なわれた。supergt.net引用

 

 

第7戦 オートポリス:決勝 GT500レビュー

 

 

GT500クラスはNo.1 KeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)が予選5位から着実にポジションを上げ、終盤にトップに立って今季初優勝。ドライバーポイントでも平川組はトップに並んだ。

 

 

2位にはNo.36 au TOM’S LC500(中嶋一貴/関口雄飛)が入ってワン・ツーとなった。3、4位にもNo.19 WedsSport ADVAN LC500(国本雄資/山下健太)、No.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)が続き、トップ4をLC500が独占した。

 

 

No.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)はNSX-GT勢トップとなる5位に入った。GT-R勢では、No.24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠)が7位で最上位となった。

 

 

KeePer TOM’S LC500の優勝は、2017年の第7戦タイ以来。平川は通算5勝、ニックは3勝目となる。ドライバーランキングでは、100号車の山本/バトン組と1号車の平川/キャシディ組が67ポイントで並んだ。なお順位では2位回数の差で、山本組がトップとなる。そして続く36号車の関口、8号車の野尻/伊沢組のランキング4位までが、タイトルを賭けて最終戦もてぎに臨むこととなった。

 

第7戦 オートポリス:決勝 GT300レビュー

 

 

GT300クラスはNo.96 K-tunes RC F GT3(新田守男/中山雄一)が、巧みなレース戦略で予選10位から逆転優勝を飾った。

 

 

序盤に上位だったJAF-GT300車両は、レース後半になるとペースダウン。代わってFIA GT3車両が上位に進出してきた。前半戦と後半戦でまったく異なる様相をみせた第7戦オートポリスは、新田が最後までリードを守り切り、No.96 K-tunes RC F GT3(新田守男/中山雄一)が第3戦以来となる今季2勝目を飾った。新田はこれで通算20勝目をマーク。高木真一(No.55 ARTA BMW M6 GT3)にふたたび通算最多勝で並ぶことになった。

 

 

2位は2017年第6戦以来の表彰台となったNo.87 リーガルフロンティア ランボルギーニGT3(元嶋佑弥/佐藤公哉)。

 

 

3位争いは終盤激しい戦いとなったが、58周目の1コーナーで3番手に浮上したNo.34 Modulo KENWOOD NSX GT3(大津弘樹)が、チームとしてNSX GT3として、そして大津も初めての表彰台を獲得した。

 

 

予選は赤旗の影響で22位と下位からの追い上げなったNo.55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー)は、本来の速さを見せて4位でフィニッシュ。ドライバーランキングの首位を守ることに。

No.65 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥)が5位となりランキングは2位、No.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/平手晃平)も、27番グリッドから10位になる健闘で、1ポイントを加算しランキング3位につけた。

この3組に加え、0号車の谷口/片岡組、今大会優勝の96号車の新田/中山組、11号車の平中/安田組のドライバーランキング6位までが、最終戦もてぎにタイトルの可能性を残した。

SUPER GT 公式サイト

URL https://supergt.net/pages

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です