2018 AUTOBACS SUPER GT第7戦「AUTOPOLIS GT 300km RACE」公式予選

第7戦 オートポリス:公式予選 GT500レビュー!supergt.net引用

 

 

2018 AUTOBACS SUPER GT第7戦「AUTOPOLIS GT 300km RACE」の公式予選が、10月20日午後、オートポリス(大分県)で行なわれた。GT500クラスは、第3戦鈴鹿でもポール・トゥ・ウインを決めたNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)がコースレコードでポールポジションを獲得。

 

 

2番手はNo.17 KEIHIN NSX-GTの塚越広大。

3番手にもNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)が入り、NSX-GTが予選トップ3を占める。4、5番手にはNo.36 au TOM’S LC500、No.1 KeePer TOM’S LC500(ニック・キャシディ)が並び、決勝での逆襲を狙う形となった。

 

 

第7戦 オートポリス:公式予選 GT300レビュー!

GT300は昨年のオートポリス戦でポール・トゥ・ウインを決めているNo.25 HOPPY 86 MC(松井孝允/坪井翔)が、2年連続のポールポジションとなった。

 

 

2番手につけたのはNo.10 GAINER TANAX triple a GT-R。3番手には九州・福岡県を地元とするNo.5 マッハ車検 MC86 Y’s distraction(平木湧也)がつけた。

4番手にはチェッカー周までアタックを続けた福岡出身の井口卓人が駆るNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORTが続き、No.0 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝)が5番手という結果となった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です