SUPER GT 菅生 決勝GT500:RAYBRIG NSX-GTが今季初勝利! バトンは歓喜の初優勝!!

2018 AUTOBACS SUPER GT 第6戦『SUGO GT 300km RACE』の決勝レースが9月16日、宮城県のスポーツランドSUGO(1周3,704m×81周)で行われた。

 

 

GT500クラスはポールポジションのNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が優勝。元F1ワールドチャンピオンのバトンにとっては、うれしい初勝利となった。

 

 

■RAYBRIG NSX-GTとカルソニックIMPUL GT-Rが好バトル!

 

 

ジェンソン・バトンはSUPER GT初優勝。山本尚貴は2015年第6戦SUGO以来4回目。チーム国光は8回目の勝利となった。

この優勝で山本/バトン組はドライバーズランキングを61ポイントとして、トップとなる。同2位には49ポイントで野尻/伊沢組、3位に今回はノーポイントだった平川/キャシディ(47ポイント)となり、次戦、第7戦オートポリスを迎えることになる。

 

 

GT300クラスもポールポジションのNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が、実質のトップを譲ることなく完勝してみせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です